シェリー樽で14年熟成させた200本限定の米焼酎

2018年も帰省がはじまっている時期ですね。故郷に帰る際のお土産とか用意できていますか?会うのは家族以外にも地元の友人などとの集まりもあるのかと思います。そんな久しぶりの再会の場に、ドヤ顔でお土産にだってできそうな限定品のお酒をご紹介します。

ウイスキーのようにブレンドされた贅沢な焼酎

いつもは離れて暮らす家族や友人との再会。せっかくの機会、自分も世の中を見てきて成長しているって証として、知る人ぞ知る特別な限定品や手に入りにくいアイテムをお土産にするのはいかがでしょう。

ここで紹介するのは、シェリー樽で14年も熟成させた米焼酎「贅沢まゆり」。酒造適合米の山田錦からつくられた純米大吟醸を蒸留した贅沢な米焼酎が原酒。これをシェリー樽で寝かせるのですが、熟成させた酒をいくつかの樽から何度も吟味し、ブレンデッドウイスキーのように絶妙な配合をして仕上げることで完成。その贅沢な製法もあり、年に販売できるのは200本という特別なお酒です。

©2018 TABI LABO

封を開ければ、大吟醸由来の優雅さと樽熟成ならではのフレーバー香が漂います。飲めば、膨らみのある豊潤な味わいと、口中にしっとりと広がる樽の旨味。丁寧な手仕事により雑味もなく、食前酒・食中酒としてもいいし、パウンドケーキや団子餅などとあわせても愉しめる懐の深さもあります。

販売するのは、ワケありで市場には出回らない秘蔵酒を販売するオンラインショップ「美酒蔵」さん。帰省してから「あ、手土産忘れた……」となっても、Yahoo!ショッピングで買えるのもありがたい。希少性の高いお酒ってECで手に入らないことが多いんですよね。

スペシャルな焼酎を手土産に、家族や地元の友人と旧交を温めてはいかがでしょう。アルコール度数38度でも、口当たりの柔らかさは弾む会話を邪魔したりしない、有意義な時間をもたらしてくれる1杯です。

贅沢まゆり

■アルコール度数:38度
■タイプ:米焼酎
■蔵元:柳川酒造(福岡県)
■参考価格:720ml 4400円(税込)※限定200本

Top image: © 2018 TABI LABO
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
「お米」と一括りに言っても、ブランドや銘柄ごとに食感や味が大きく違う。日本人として、銘柄米の特徴はしっかりおさえたい!
2018年12月13日、アメリカのケンタッキーフライドチキン(KFC)が、フライドチキンの香りがする薪を販売しました。
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
やはり「お米」がうまく炊けるかどうかで、その日の食事のおいしさが決まるといっても過言ではありません。おいしいごはんを炊くうえで重要なのは、下準備である「米...
ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で、LGエレクトロニクスが巻き取り式ディスプレイを採用したテレビ「LG Signatures OL...
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
1860年代よりディーン家が所有していた島「Pebble Island」。管理が困難になり、売りに出されて話題となりました。島にはアザラシやペンギンなど多...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...