食感スカスカ「はずれスイカ」が劇的に美味しくなる、大人のレシピ

スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあります。

ところが、この食感スカスカに大注目。欧米では馴染みのあるスイカの食べ方をヒントに、「はずれスイカ」を美味しくアレンジしてみましょう!

丸ごとスイカにウォッカ
パーティーの定番
「Watermelon Vodka」

欧米の夏場のパーティーシーンに欠かせない、ちょっぴり大人なスイカの食べ方といえば「Watermelon Vodka」。その名の通り、スイカに穴を開けてウォッカのボトルを大胆に突き刺して注ぎ入れるというもの。お酒がじんわり浸透したスイカは、まさしく大人の味わいそのもの。

これを普通にマネするだけでは芸がないので、そこにアレンジを加えておしゃれに楽しんでみましょう。たとえばこんな感じに。

香り&水分でスカスカ解消
スイカで作る“カシスオレンジ”

6804187c41ab8b13d09440bbb269467f53f7e94cB505297881023b2fc61f780f67ac0536ac6a2420

まずは主役のスイカを半分に切り、そこに「ろうと」を差し込みます。そこにオレンジジュースを50mlほど注ぎ入れましょう。ゆっくりじんわり実の中にジュースが浸透していきます。

だから、食感スカスカのスイカが重要という訳。次はカシスリキュールをお好みで。水分がスイカに染み込むまでには、ある程度時間がかかります。何度かに分けて注ぐのがポイント。

オレンジの酸味とカシスの甘み、そこに香りが加わると、さながらサングリアのようなハーモニーが生まれますよ。これをカットして食べてもよし、みんなでスプーンでほじくってもよし。ごきげんなパーティーのお供にどうぞ!

アレンジも楽しみのひとつ。りんごジュースやグレープフルーツジュース、お酒もラム酒や白ワインなど、ベストマッチを見つけてみてはいかがでしょう。

スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
独断と偏見でピックアップしました。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
書籍『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)は、著者自信が、現地で料理修行をしたからこそわかる各国の食文化と一緒に、家庭で気軽に作れるレシ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...