食感スカスカ「はずれスイカ」が劇的に美味しくなる、大人のレシピ

スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあります。

ところが、この食感スカスカに大注目。欧米では馴染みのあるスイカの食べ方をヒントに、「はずれスイカ」を美味しくアレンジしてみましょう!

丸ごとスイカにウォッカ
パーティーの定番
「Watermelon Vodka」

欧米の夏場のパーティーシーンに欠かせない、ちょっぴり大人なスイカの食べ方といえば「Watermelon Vodka」。その名の通り、スイカに穴を開けてウォッカのボトルを大胆に突き刺して注ぎ入れるというもの。お酒がじんわり浸透したスイカは、まさしく大人の味わいそのもの。

これを普通にマネするだけでは芸がないので、そこにアレンジを加えておしゃれに楽しんでみましょう。たとえばこんな感じに。

香り&水分でスカスカ解消
スイカで作る“カシスオレンジ”

6804187c41ab8b13d09440bbb269467f53f7e94cB505297881023b2fc61f780f67ac0536ac6a2420

まずは主役のスイカを半分に切り、そこに「ろうと」を差し込みます。そこにオレンジジュースを50mlほど注ぎ入れましょう。ゆっくりじんわり実の中にジュースが浸透していきます。

だから、食感スカスカのスイカが重要という訳。次はカシスリキュールをお好みで。水分がスイカに染み込むまでには、ある程度時間がかかります。何度かに分けて注ぐのがポイント。

オレンジの酸味とカシスの甘み、そこに香りが加わると、さながらサングリアのようなハーモニーが生まれますよ。これをカットして食べてもよし、みんなでスプーンでほじくってもよし。ごきげんなパーティーのお供にどうぞ!

アレンジも楽しみのひとつ。りんごジュースやグレープフルーツジュース、お酒もラム酒や白ワインなど、ベストマッチを見つけてみてはいかがでしょう。

噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
もし、日本の食卓に並んだら、箸が進まないかもしれない。でも、他の国では愛され、好まれる料理を「The Infographics Show」の動画で紹介され...
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
食べごろのアボカドの見極めは意外と難しいもの。切ってみたら未熟で固すぎた…なんてときには、潔く生で食べることをあきらめること。火を通すアボカド料理を知って...
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...
海外の日本食ブームをみていると、内食としてそれを取り入れるとき、扱いやすさ、アレンジの幅はかなり重要なようです。そういう意味で広く受け入れられたのが「SU...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではな...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
今回は、鮮度抜群「スイカスムージー」の作り方をご紹介。Mark Roberさんが考案したこの方法なら、たった2分で手を汚すことなく完成。しかも、かなり遊び...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...