食感スカスカ「はずれスイカ」が劇的に美味しくなる、大人のレシピ

スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあります。

ところが、この食感スカスカに大注目。欧米では馴染みのあるスイカの食べ方をヒントに、「はずれスイカ」を美味しくアレンジしてみましょう!

丸ごとスイカにウォッカ
パーティーの定番
「Watermelon Vodka」

欧米の夏場のパーティーシーンに欠かせない、ちょっぴり大人なスイカの食べ方といえば「Watermelon Vodka」。その名の通り、スイカに穴を開けてウォッカのボトルを大胆に突き刺して注ぎ入れるというもの。お酒がじんわり浸透したスイカは、まさしく大人の味わいそのもの。

これを普通にマネするだけでは芸がないので、そこにアレンジを加えておしゃれに楽しんでみましょう。たとえばこんな感じに。

香り&水分でスカスカ解消
スイカで作る“カシスオレンジ”

まずは主役のスイカを半分に切り、そこに「ろうと」を差し込みます。そこにオレンジジュースを50mlほど注ぎ入れましょう。ゆっくりじんわり実の中にジュースが浸透していきます。

だから、食感スカスカのスイカが重要という訳。次はカシスリキュールをお好みで。水分がスイカに染み込むまでには、ある程度時間がかかります。何度かに分けて注ぐのがポイント。

オレンジの酸味とカシスの甘み、そこに香りが加わると、さながらサングリアのようなハーモニーが生まれますよ。これをカットして食べてもよし、みんなでスプーンでほじくってもよし。ごきげんなパーティーのお供にどうぞ!

アレンジも楽しみのひとつ。りんごジュースやグレープフルーツジュース、お酒もラム酒や白ワインなど、ベストマッチを見つけてみてはいかがでしょう。

スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
日本ではオーロラが見える寒い場所というイメージが強いアラスカ州ですが、グランピング施設「Alpenglow Luxury Camping」が公開している画...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
れんこんのシャキシャキとした食感と、鼻にツンと抜けるからしみその香りは、ご飯もお酒もすすみます。ご存知の、熊本が誇る郷土料理「からし蓮根」。遡ること約40...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
れっきとした世界三大料理のひとつトルコ料理です。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...