スイカも立派な「おかず」になる

大きめにカットしたスイカを縁側でがぶり。「あぁ、夏〜」って日本人を感じる瞬間だと思います。

なんて話はどうでもよくて、そのスイカの食べ方をいくつかこれまでも紹介してきたんですが、スムージーやアイスといったところがほとんど。ちょい変化球でサラダくらいなもの。

ところがこれ、「Food52」でEmilyCさんが教えてくれるのは、スイカを使った前菜(もちろんデザート感覚でもOK)。夏がお似合いな一品です。

ところで、スイカに塩は日本だけの感覚だと思ってましたが、海外の人たちも、あの甘さに塩気をプラスして楽しんでいたなんて。

スイカに塩……よりも、
塩漬けレモンがコンビ!

私はスイカに塩をかけて食べる派。さらにはスイカがサラダに入っていると、自然とシトラスだとか、良質のエキストラ・ヴァージン・オリーブオイルに手が伸びている……。共感してくれる人も多いはず。

なので、この発想に行き着くのにずいぶん時間はかかってしまいましたが、スイカとプリザーブドレモン(塩漬けにしたレモン)・ヴィネグレットって、とても相性がいい!という持論を確立できたのです。

あの冷えたスイカがより複雑な味に昇華し、さらには中毒性まで生んでしまう。スナックにも、サラダにも、デザートにも。飾りつけは自由に楽しむのがコツです。

ちなみに私は、キンキンに冷えたスイカの偏愛者ですが、ここに紹介するレシピの応用編として、グリルしたものを使ってもおいしく仕上がる予感がしています。

5940329840640000
© Bobbi Lin

材料(4人〜6人分)

準備時間:25分

種なしスイカ(小):1玉

さいの目状に切ったプリザーブドレモンの外皮:1/2個(大さじ2杯分ほど)

レモン果汁:小さじ2杯分

エクストラ・バージン・オリーブオイル:大さじ5杯分

フェタチーズ(クリーミーでマイルドなもの):85グラム(砕くか細かく切る)

ミントの葉っぱ:少量

ひまわりの種:1/4カップ(生で使う場合は、軽くトーストして、冷ましてから使いましょう)

作り方

【1】スイカはまず半分、もしくは1/4大にカット(サイズに合わせて調整)。そこから1センチ大に厚切りに。私は皮付きも好きだけど、むいてOK。ヴィネグレットソースが出来上がるまで、冷蔵庫で寝かせておく。

【2】プリザーブドレモン・ヴィネグレットを作るには、外皮、レモン果汁、エキストラ・バージン・オリーブオイルを小さなボウルに入れて混ぜる。塩っぱさはものによってかなり変わってくるので、こまめに味見をしながら、塩もしくはレモン果汁で味を調整。

【3】完成したプリザーブドレモン・ヴィネグレットを厚切りしたスイカにかける。ボウルの下に沈んでしまった塩レモンの外皮を拾って、スイカに乗せる。あとはフェタチーズ、ミント、ひまわりの種でトッピングすれば完成。

6545790843486208
© Bobbi Lin

【Food52creamteaさんのレビュー】

このおいしさにビックリ!EmilyCさんの「塩漬けレモンヴィネグレット」は、夏の甘〜いスイカにはぴったりな“塩コーティング”です。がぶりといけば、いろんな味と食感が口の中で爆発。手もかからず、すぐにできちゃうところも暑い日には嬉しい点。

私は、ドレッシングがスイカに均等にかかるように角切りにして、さらなるシャキシャキを求めてロメインレタスを選びました。ひまわりの種はぜったいにトーストしてあげましょう。味にもひとひねり加えられるし、全体的によりクリスピーに仕上がるから。

Written byEmilyC
Licensed material used with permission by Food52
Top photo: © Bobbi Lin
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
噂の「スイカドレス」現象。インスタで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人たちを見る...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
Alya Chaglarさんの娘のStefaniちゃんは、オシャレが大好きな3歳の女の子で、フルーツ、野菜、植物のドレスを着ているような写真がInstag...
すっかり定着した発酵食ブーム。意識せずとも毎日の食卓に取り入れることこそ、上手な発酵食とのつき合いかたでしょう。そこで「味噌」です。料理家・平山由香さんの...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
ランチをお弁当にしたい! そう考えている人は多いと思いますが、なかなかハードルが高い。なんせ手際よく何品もおかずを作るのは大変です。そんなときに便利なのが...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
香ばしく焼いただけでも十分おいしい、鶏のむね肉をさらに煮込む。一見、手間がかかりそうなこのアイデア(ですよね?)は、意外にもたった2つの調味料を用いるだけ...
鉄板のカルボナーラはもちろんおいしいけど、自宅で作るならば、変化球を加えたコチラのほうが気に入ってもらえるかもしれません!
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
鳥のカタチをしたレモン絞り器「バードレモンプレス」。くし切りにしたレモンを中に入れて、ギュッとプレスするだけ。片手で簡単にレモンを絞れます。ティーカップに...
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...