むくみも取れるし美味い!今夏「スイカ」を100倍楽しむ4つの方法 

スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。

日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメとして暑い時は、汗も蒸発しにくく体もむくみがち。そんな重だるさにも、熱を取って水分の排出を促してくれるスイカは大活躍する食材です。

で、どんなふうにスイカを楽しんでいますか?

まさか、「塩かけて食べる」だけ?

そんなのは、遊園地で絶叫マシーンに乗らないで帰るくらいもったいないかも。これから紹介する4つの記事を参考に、今年の夏は、もっと自由にスイカを楽しんでみてください。

「スイカ」×「4つのハーブ」

©2013/James Ransom

「Food52」のEmilyCさんが夏先どりレシピとして提案するのは、ごろっとしたスイカが主役のサラダ。

普段なら単体で食べるばかりで、サラダに入れようなんて思いもしなかった。けれど、シャキッと噛むとジュワッと果汁が出るのは、ほかの野菜にはなかなかない最高の食感(しあわせ〜)。

その果汁ときたら、軽くドレッシングにもなってくれそうな勢い。だからサラダにピッタリなのだそう。あまり甘くなくて「失敗したー」なんてスイカも、サラダにすれば極上素材になりますよ。

続きを読む>>>

「スイカ」×「カレー」

©James Ransom

こういう記事を目にすると、本当にインドカレーは奥が深い!と言わざるを得ません。だって、あのスイカすらカレーになっちゃうんですから。

はじめてこの料理を食べたのは、『Kitchensurfing(キッチンサーフィン)』のディナーでのこと。

キッチンサーフィンは、最高のシェフが腕を振るうプライベートなシェフのためのイベントでして、専属シェフのひとりSurbhi Sahniが、つくってくれたインド料理のコースの一品目が、これだったんです。

続きを読む>>>

スイカが主役の「前菜」

©Bobbi Lin

スイカの食べ方と言えばスムージーやアイスといったところがほとんど。ちょい変化球でサラダくらいなもの。

ところがこれ、「Food52」でEmilyCさんが教えてくれるのは、スイカを使った前菜(もちろんデザート感覚でもOK)。夏がお似合いな一品です。

ところで、スイカに塩は日本だけの感覚だと思ってましたが、海外の人たちも、あの甘さに塩気をプラスして楽しんでいたなんて。

続きを読む>>>

「はずれスイカ」が劇的に
美味しくなる大人のレシピ

スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ……なんてことも、ままあります。

ところが、この食感スカスカを逆手にとったレシピがあります。

欧米の夏場のパーティーシーンに欠かせない、ちょっぴり大人なスイカの食べ方といえば「Watermelon Vodka」。その名の通り、スイカに穴を開けてウォッカのボトルを大胆に突き刺して注ぎ入れるというもの。お酒がじんわり浸透したスイカは、まさしく大人の味わいそのもの!

続きを読む>>>

Top image: © Noontod/Shutterstock.com
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
マツコ・デラックスも唸った革命スイカ!開発に16年の歳月を掛け、タネが従来のスイカの約1/4と小さく、そのまま食べても気にならないというマイクロシード小玉...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
噂の「スイカドレス」現象。Instagramで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
いくつレシピがあっても事足りないのがパスタ料理。ということで、絶品レシピをまとめてみました。「おうちパスタ」をもっと充実させましょう!
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
この時期サイコーにおいしいのが「レモネード」。NYで話題の飲み方や、インド流のスパイシーなアレンジでいただくものから、宮崎県日南市の超レアなレモンを使った...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
4月12日、「ディズニー」は公式サイトで「グリルドチーズサンドウィッチ」のレシピを公開した。米ディズニーの「ハリウッド・スタジオ」内の「トイ・ストーリーラ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
5月3日、新たに公開されたレシピは、フロリダ州オーランドにある「エプコット」のカナダ・パビリオン内レストランの「チェダーチーズスープ」のレシピ。カナダでは...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
JR「土浦駅」に直結する日本最大級のサイクリングリゾート「プレイアトレ土浦」内に「星野リゾート BEB5 土浦」がグランドオープンした。
日本最古のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が、不動の人気メニュー「甘辛チキンバーガー」のレシピ動画を公式YouTubeチャンネルにて公開。
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
今夏持ち歩きたい“香りつき”の除菌ジェル、除菌スプレー、アロマハンドスプレー(ミスト)をピックアップ。SHIRO、ニールズヤード、パーフェクトポーション、...
2012年から子どもたちとの夏休みは必ず田舎で過ごす写真家であり2児の母親でもあるIzabela Urbaniak。ポーランドの都会で育った子どもたちが、...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!