スイカ界のシャインマスカット「ピノ・ガール」は、タネまで美味しい!

これはとんでもない発明かもしれない。

スイカは、「タネ」のせいで購入、消費が敬遠される場面が多々あるのが実情だ。近年は消費動向が減少し、全国の西瓜産地でも30年前をピークに作付面積が3~4分の1に減少しているのだとか。

そこで、野菜の品種改良・新品種のタネを販売している「ナント種苗株式会社」は、16年の歳月をかけ、タネが従来のスイカの約1/4と小さく、そのまま食べても気にならないというマイクロシード(R)小玉スイカ 「ピノ・ガール」の種子を開発した。

本商品は今春、クラウドファンディングの目標達成を皮切りに、テスト産地から数量限定で出荷され、試験販売されたものがSNSやメディアなどでも「今まで食べた西瓜の中で一番甘くて美味しかった」、「タネを取ることなくペロリ!瑞々しくて甘い」、「久しぶりにまた食べたいって思えるスイカだった」等の声が多数投稿され話題に。

皮ごと食べられるタネ無しブドウ「シャインマスカット」は、2006年に品種登録され、瞬く間に世の中のブドウ消費の主役に踊り出た。この品種によって日本のブドウ消費市場が活性化し、ブドウ産地に活気を取り戻させた原動力となって今でも消費や産地での栽培規模は成長中だ。

「ピノ・ガールはスイカ界のシャインマスカットになる!」

来春の本格的な出荷を前に、スイカの歴史を変える、マツコ・デラックスをも唸らせた「革命的スイカ」は、大きな期待を集め始めている!

タネごと食べられる革命的スイカ、ピノ・ガールの種は、通常の1/4程度
©2020 ナント種苗株式会社
種ごと食べられるスイカ、ピノ・ガール。アレンジレシピ例2
©2020 ナント種苗株式会社
Top image: © 2020 ナント種苗株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメと...
オフィス用品の通販「アスクル」が古いカタログを資源活用したリサイクル紙袋「Come bag(カムバッグ)」を先月下旬から販売。
噂の「スイカドレス」現象。Instagramで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...