スイカ界のシャインマスカット「ピノ・ガール」は、タネまで美味しい!

これはとんでもない発明かもしれない。

スイカは、「タネ」のせいで購入、消費が敬遠される場面が多々あるのが実情だ。近年は消費動向が減少し、全国の西瓜産地でも30年前をピークに作付面積が3~4分の1に減少しているのだとか。

そこで、野菜の品種改良・新品種のタネを販売している「ナント種苗株式会社」は、16年の歳月をかけ、タネが従来のスイカの約1/4と小さく、そのまま食べても気にならないというマイクロシード(R)小玉スイカ 「ピノ・ガール」の種子を開発した。

本商品は今春、クラウドファンディングの目標達成を皮切りに、テスト産地から数量限定で出荷され、試験販売されたものがSNSやメディアなどでも「今まで食べた西瓜の中で一番甘くて美味しかった」、「タネを取ることなくペロリ!瑞々しくて甘い」、「久しぶりにまた食べたいって思えるスイカだった」等の声が多数投稿され話題に。

皮ごと食べられるタネ無しブドウ「シャインマスカット」は、2006年に品種登録され、瞬く間に世の中のブドウ消費の主役に踊り出た。この品種によって日本のブドウ消費市場が活性化し、ブドウ産地に活気を取り戻させた原動力となって今でも消費や産地での栽培規模は成長中だ。

「ピノ・ガールはスイカ界のシャインマスカットになる!」

来春の本格的な出荷を前に、スイカの歴史を変える、マツコ・デラックスをも唸らせた「革命的スイカ」は、大きな期待を集め始めている!

タネごと食べられる革命的スイカ、ピノ・ガールの種は、通常の1/4程度
©2020 ナント種苗株式会社
種ごと食べられるスイカ、ピノ・ガール。アレンジレシピ例2
©2020 ナント種苗株式会社
Top image: © 2020 ナント種苗株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スイカを使った前菜。サラダじゃないんです。もうスイカそのものが主役なんです。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメと...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
噂の「スイカドレス」現象。Instagramで「#watermelondress」と検索すると、現在6,000件以上のスイカを洋服に見立ててポーズをとる人...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
栃木・小山のどら焼き専門店「ドラヤキワダヤ」が、新商品のスイカ味を発売。スイカ果汁入りの餡に、ダークショコラチップをトッピング。爽やかな甘さとヒマラヤピン...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
世界的に高評価のカリフォルニア産ピノ・ノワール。あの「ロマネ・コンティ」と同じ製法(全房発酵)で仕込んだ「アルタ・マリア ピノ・ノワール」の紹介です。
日本の夏の風物詩に、かき氷を欠くことはできません。でも氷で涼を得るのは、東南アジア全般でもあります。たとえばインドネシア、「エス・ブア」というフルーツたっ...
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
今回は、鮮度抜群「スイカスムージー」の作り方をご紹介。Mark Roberさんが考案したこの方法なら、たった2分で手を汚すことなく完成。しかも、かなり遊び...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
面白法人カヤック特設サイトは「47言語対応」。各都道府県の方言で会社説明会について告知中。地元ならではのマニアックイラストクイズも表示される。実際に地方に...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...