海外セレブに学ぶ夜遊びメイク。今、ファッション界では、「黒唇」ガールが急増中!?

「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンドだったことを知っていますか?

リアーナやアジーリア・バンクスはじめ、海外セレブの間でも徐々にダークリップに注目が集まり、昨年のレッドカーペットでは、最もクールに女性を演出するアイテムとして、しばしば黒唇を目にすることも。 

 

  @blacksoulfashionが投稿した写真 -

 

さらに、今年2月に開催されたロンドンのファッションウィークでは、「エマニュエル・ウンガロ」や「トラサルディ」などのラグジュアリーブランドが黒リップでメイクしたモデルをランウェイに起用したことで、注目度が急上昇。

モデルで女優のケンダル・ジェンナーやシンガーソングライターのロードも、黒リップを普段から愛用しており、週末の夜はエキゾチックな黒唇でお出かけしているそう。

さて、この黒リップの歴史は意外に古く、モノクロ映画全盛期、口紅の赤色を表現するために黒リップが用いられていたそう。

気になるコーディネートですが、ロックテイストに流れるよりも、チャーミングでシックなスタイルの方が日本の女の子には、向いていそう。好相性なのは白や淡色を選ぶこと。黒リップとのコントラストが活かせます。デニムとハイヒールは◎。都会的に演出してくれます。パステルカラーの小物づかいで、指し色をいれてもGOOD。


もし黒リップに抵抗があるなら、黒のリップペンシルで唇の輪郭を描いてから、ダークな口紅をやグロスをなじませるだけでも、いつもと違った大人の色気が楽しめるはず。

Reference : allure

 

メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
ひとつで複数の機能をもつ「マルチツール」は、乱雑になりがちなデスク周りをシンプル&クリーンに保ってくれるオフィスワーカーの強い味方。今回は「レザーマン」か...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
静岡県浜松市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、愛知県瀬戸市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
マカフィーが公表したリストはアヴリル自身が危険というわけじゃなくて、アヴリルの名前や曲名で検索すると、その検索結果にウイルスに感染する可能性のある危険なサ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカ...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...