海外セレブに学ぶ夜遊びメイク。今、ファッション界では、「黒唇」ガールが急増中!?

「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンドだったことを知っていますか?

リアーナやアジーリア・バンクスはじめ、海外セレブの間でも徐々にダークリップに注目が集まり、昨年のレッドカーペットでは、最もクールに女性を演出するアイテムとして、しばしば黒唇を目にすることも。 

 

  @blacksoulfashionが投稿した写真 -

 

さらに、今年2月に開催されたロンドンのファッションウィークでは、「エマニュエル・ウンガロ」や「トラサルディ」などのラグジュアリーブランドが黒リップでメイクしたモデルをランウェイに起用したことで、注目度が急上昇。

モデルで女優のケンダル・ジェンナーやシンガーソングライターのロードも、黒リップを普段から愛用しており、週末の夜はエキゾチックな黒唇でお出かけしているそう。

さて、この黒リップの歴史は意外に古く、モノクロ映画全盛期、口紅の赤色を表現するために黒リップが用いられていたそう。

気になるコーディネートですが、ロックテイストに流れるよりも、チャーミングでシックなスタイルの方が日本の女の子には、向いていそう。好相性なのは白や淡色を選ぶこと。黒リップとのコントラストが活かせます。デニムとハイヒールは◎。都会的に演出してくれます。パステルカラーの小物づかいで、指し色をいれてもGOOD。


もし黒リップに抵抗があるなら、黒のリップペンシルで唇の輪郭を描いてから、ダークな口紅をやグロスをなじませるだけでも、いつもと違った大人の色気が楽しめるはず。

Reference : allure

 

メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けシェーデ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けハイライ...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けBBクリ...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けファンデ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向け化粧下地...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けコンシー...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けクレンジ...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
日本最大級のコスメ・化粧品・美容の総合情報サイト「アットコスメ」が運営する「@cosme TOKYO」の男性スタッフに、オススメのメンズメイク向けフェイス...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
十代目 松本幸四郎とメイクアップ・アーティストの鷲巣裕香が現代風の歌舞伎化粧に挑戦した写真展「Kesho」が「銀座 蔦屋書店」にて来月2日(日)まで開催中だ。
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
ヴァージン・アトランティック航空は3月4日、客室乗務員が勤務中に化粧をする義務の廃止を発表。あくまで「化粧を義務付けない」という話なので、客室乗務員が全員...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...