絵の具みたいに、カラフルに集めたい!わたしを彩る、かわいい口紅。

わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。

 

〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。


別にこのブランドにこだわりがあるわけじゃないんだけれど、持ってるなかでよく使ってるのはこの色なんだ。品番として、おしゃれな名前をつけてるブランドもたくさんあるけど、これは潔く番号だけなの。自分で買ったよ。

 

色は、あんまり考えずに選んだかな。でも、朱色っぽい、秋っぽい色が欲しかったんだと思うの。

 

赤にも、いろいろあるじゃない。

 

分かりやすく女性っぽさを出したい時は赤、とか。あとは、青みがかった赤とか、ピンクよりのものとか。その時々で、欲しい色があるのよね。

 

口紅は、絵の具を買うみたいに集めてるの。ほら、画材屋さんとかで、いろんな色が売られているのを見るとわくわくしてくるじゃない?

 

で、お金がないときは、絵の具を買ってるの。なんかもうメイク道具じゃないよね。色をたくさん買うのが楽しいだけなのかも。

 

口紅って、高尚なイメージもあるけれど、もっとカジュアルな存在でいいじゃないかなあって思うんだ。

 

たとえば、お店のお姉さんが試しにつけてくれると、筆を使って、ていねいに、くっきりと塗ってくれるじゃない。わたしはあんな風にはつけれない。普通に塗って、ポンポンとなじませておしまい。

 

年齢を重ねると唇の色が悪くなってくるから、たった一本で明るくなるのが嬉しいよね。まあ、ちょっとご飯を食べるだけで、全部取れちゃうんだけどね(笑)。

坂巻弓華/絵描き、モデル
毎日、絵を描いています。高円寺「吉野純粋蜂蜜店のギャラリー」で個展をやります。3月12日から19日まで。(13日は休廊)

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
身近にある物への愛から始まったアップサイクル。カラフルなアイシャドウの水彩絵の具にするプロジェクトを紹介します。
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
アーティストのLipstick Lexの描く絵はすべて、自らの唇と口紅を使って描かれている。口紅を絵筆のように握り描いて、恋人にキスするようにやさしくキス...
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
じっくり見てみると、顔からはみ出た部分は厚紙だったり、絵の具の塗りムラがあったり、鼻の中にティッシュが詰められていたりと手作り感が満載(笑)。
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
コスメって機能も大切ですけど、見た目も大切!ラブリーなパッケージやアイテムは気分も上がるし、もっとキレイになれる気がしますよね。そんな女心をわしづかみにす...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
くちびるの動きに合わせて、キャラクターを動かすメイクアップアーティストのSandra Changさん。くちびるの動きとキャラクターがぴったりと当てはまり、...