口紅はこうして生まれる

TABI LABOで働いている女の子が「知ってました?こうやって口紅はつくるみたいですよ」と教えてくれたので、それを記事にしちゃいます。すでに知っている人もいるかもしれませんが……。

オーストラリアでビジネスを展開する「The Lip Lab」は、Instagramアカウントに口紅をつくっている様子をタイムラプス動画でたくさん投稿。ここはお客さんが自分の好きな色を選べることで有名です。ちなみに、アメリカとカナダでは「Bite Beauty」が同じようなサービスを提供していますね。

赤やオレンジ、ラメ入りのインクなどを混ぜ込むプロセスは、なんだかASMRみたい。

Top image: © iStock.com/npdesignde
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
3Dメイクを手がけることで有名なイタリアのメイクアップアーティストLuca Luceさん。以前は自分の手のひらにモノを描くことで注目されていたのですが、現...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...