このアイテムはオーストラリア人が抱える「ジレンマ」から生まれていた。

今年の夏、多くのメディアに取り上げられて注目を集めた顔だけ焼かないビーチアイテム「Shader」。見たことがある人もいると思います。

Shaderが生まれたのは、日本とは逆にこれから夏が始まるオーストラリアですが、まずは使い勝手のおさらいを少しだけ。

これを見ると「なんで顔だけ?」と、普段から肌を焼きたくないという人は特に疑問に感じるかもしれません。日本人である私達の感覚からすると、不思議に思ってもおかしくはないと思います。

ただしそこには、オーストラリアならではの日焼けへの価値観が影響しているのです。

「日焼け」は生活の一部
誰もが楽しむもの

以前、私がゴールドコーストに住んでいた時の話になりますが、週末はもちろんのこと、白い砂浜に寝転がり日焼けを楽しんでいる人を毎日たくさん見かけました。夏になると多くの人が小麦色になり、まったく日焼けをせず白い肌で通りを歩いていると、逆に目立つほどだった記憶があります。

が、彼らも日焼け対策は欠かしません。というのも、オーストラリアの皮膚がんの発生率は世界で2番目という調査結果が出ているくらい多いのです。

それでも、ビーチでは日本人のようにパラソルを張って完全に日除けしている人は見たことがありませんでした。日焼け止め(なかにはスーパーや薬局で売られているポンプ式のものを使う人も)を塗りながら、子どもから大人まで陽の光を思う存分に浴びて楽しんでいたのです。

「美容の天敵」というジレンマ

日焼けが与える健康への影響について話を戻しますが、オーストラリアでの病気による死因の約30%は癌です。そして、その中で最も多いのが皮膚がん。政府も予防などを呼びかけています。

ただ、これだけだと「顔だけ隠す必要性」について説明しきれていないと思います。日焼けの良さも悪さも理解しているオーストラリア人。日焼けはもはや彼らの生活の一部であると前述したように、健康へのリスクがあるからといって「じゃあ、やめます」とはならないわけです。

心の内はわかりませんが、多くの人は腕や胸元にできるシミについてはあまり気にしていないように見えました。が、彼らだって日本人と同じように美容面も気にしているのです。日焼けのしすぎで顔にシミや皺ができてしまわないだろうか、と。女性であれば特に「それはそうだよね」と感じるところです。このことについては、Shaderの動画でも説明されています。

これまで彼らは顔の日焼けを避けたい時、タオルや雑誌など、手元にあるもので顔を覆ってきました。

私も以前、ビーチへ通う生活をしていた時はそうでした。だからこそ、初めてShaderを見た時「なんてセンセーショナルなアイテムなんだろう」と感心してしまったのです。

Licensed material used with permission by Shader
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
3年連続ミシュラン掲載店のシェフが作る生ハムとフロマージュの「新感覚ラーメン」Ramen ドゥエ Edo Japan〒100-0011 東京都千代田区内幸...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
同性愛者同士が結婚することを法的に認める国が徐々に増えてきている今、一番動きが活発なのはオーストラリアだ。現在、同性婚の合法化の賛否を問う国民投票が行われ...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州は、換金されなかった宝くじの賞金を使って、ジャッキー・チェン主演のアクション映画『ポリス・ストーリー / REBO...
オーストラリアのニューカッスル大学が、18世紀から19世紀にかけて国内各地で起こった先住民の虐殺をデータ化したサイトを作成。いつ頃、何人の先住民が殺害され...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
11月6日、オーストラリアのボンダイビーチに突如として現れた雲が、現地メディアやSNSで話題を集めています。「まるで津波が襲ってくるようだった」ビーチ上空...
写真を見ると、ブルーやピンク、オレンジの色が幻想的です。
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
もうすぐ、夏がやってきます。楽しみな一方で、日焼けが気になるし、エアコンが効きすぎて乾燥もするし、暑さで夏バテにもなったり……。何かとカラダのケアが大変な...
人は見た目からでは判断できない。それを痛烈に教えてくれるオーストラリア発の動画が話題になっています。屈強な男性たちが、自分たちのスキルを披露してくれる内容...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
留学と言ったら、もちろんまずは勉強が大事だけど、その国の文化やライフスタイルに溶け込んで、日本じゃできない経験もしてこそ、本当の留学と言えるんじゃないかと...