たった8㎡の極小アパートで当たり前のように暮らすオーストラリアンガール

世界中の小さな部屋を紹介するYouTubeチャンネルがある。『Living Big in a Tiny House』だ。

この番組史上、最も小さい部屋の1つとしてピックアップされているのが、東京の8㎡のアパート。住人はオーストラリア人女性のエマさん。笑顔が印象的な元気一杯のお嬢さんだ。でも、この物件、狭い空間に慣れた日本人でさえ狭く思えるほど。なぜなら、両腕を拡げることだってままならないのだから。

しかしながら、エマさん。この狭いけれど機能的な作りが気に入ってるみたい。小さな小さな部屋にフィットする家具、家電、調度品なども揃えて、とっても楽しんでいることが動画から伝わってくる。

当然、玄関はこのサイズ

Cc92367a02da29056b0f3fd8f94601895ae39126

部屋はずずっと、うなぎの寝床

Fcc734ce3d8b4b843a888f1609dbc28c60a670ed

で、この幅しかないっていう(笑)

59cf31924e170d7faea6b234fea9f9fe89ea5687

だからこそのロフト(狭っ!)

C25e3ca9bf9d582ca2fc47932c347c1f93c097ee

それでもキッチン付きです

50e71b1798b31ad4c5a6ab9f6cfa4b2d244d36b6

ドアの開閉分しかないバルコニー

3d71a81fcb7e71868928977200cc25e67644d783

ユニットバスもこの通り

B71fcb0186f6221f397fd3fc400010c617d42253

ヨガ?できないっしょ(とつっこむ!)

5380f8b82c1a29147dee1f293340535ab135d89e

1つ気がかりなのは、世界中の人々がこの動画を観て「日本人は、みんな狭いところに住んでいる」と勘違いしてしまわないか、ということ(笑)。

「住めば都」というコトバがあるけれども、工夫しながらハッピーに暮らしているエマさんは素敵だなぁ。それでは約2ヶ月前に公開され、じつに再生回数200万回を超す、注目の動画をドーゾ。

Licensed material used with permission by Living Big in a Tiny House
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
「ADcase」はドイツの学生Philip Frenzelさんが開発した、エアバッグのような機能を持ったiPhoneケース。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
エネルギー資源の浪費を抑えた、環境にやさしい持続可能な暮らし方。今や現代人の共通言語として定着した感がある。モノを所有せず、シンプルに暮らす「ミニマリスト...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
『キャドバリー』の「デイリーミルク」です。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.48
恋に落ちると世界が変わって見える、とはよく言われたもの。でも実際どうしてそうなるのでしょうか?ライターのEevee G氏が「I Heart Intelli...
ドイツの写真家、Martin Heck氏が制作したパタゴニアの動画が美しすぎる!と話題になっています。約10万枚もの写真をつなぎ合わせて制作された、8Kの...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
街の喧騒を離れて、自然豊かな郊外で週末を過ごす二地域居住。欧州では当たり前の生活スタイルを体現したような極小のキャビンをご紹介。恋人たちにとって、これ以上...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
2018年に発売予定のビデオゲーム「Paperbark」は、夏のオーストラリアが舞台。ウォンバットと一緒に、途中で発生する問題などを解決しながら、オースト...
「実際は3時間しか集中して働いてない」なんて言われたら、毎日残業している人は、異論を唱えたくもなるかもしれません。でも逆に8時間ずっと集中して仕事だけをし...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
都心部における不動産価格の上昇や人口増加の影響を受け、満足のいく家探しに頭を悩ませているのは、何も東京だけに限った話ではない。そう、実はここシドニーでも同...
「猫の手も借りたい…」これは、小さい子どもを世話するお母さんなら、一度は口にする言葉。でもどうしてでしょうか?Esther Andersonさんが、娘のE...
ビーチへ行って日焼けをしたり、海で泳いだり、思い思いに夏を過ごすオーストラリアの人々。けれど1月26日の「オーストラリア・デー」だけは皆、こぞって自国を想...