小さい頃から「海外」を転々としていた人だけがわかる8つの悩み

海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引っ越すのは、大変なことです。

米メディア「Elite Daily」に寄稿したJane Hanさんは、6ヵ国8都市で子ども時代を過ごし、良い影響もたくさんあったけど、悩みも尽きなかったと振り返ります。

01.
「ご出身は?」という質問に
答えられない

「どこの出身なの?」と聞かれるたび、とりあえず「韓国!」と答えて、それから…ウソをついちゃったような罪悪感を感じるの。

なぜなら、3歳になったころから両親とドイツに移って、それからは世界中あちこち移っているから。生まれた国に自分のアイデンティティを結びつけることは滅多にないし、自分がひとつの国に結びついてるって感覚もないの。

韓国の血は流れてるけど、私はドイツ人だし、イスラエル人だし、ウルグアイ人だし、アメリカ人だし、ベネズエラ人なの。

02.
大事な祝日は
オンラインで祝っていた

ほとんどの親戚は「国」に帰っちゃったから、私の家族は祝日には実際に一緒に祝える人たちがいないの。

たとえば、韓国のお盆みたいな行事、秋夕(チュソク)は、とても大事な行事なんだけど、オンラインとか電話で、親戚と連絡を取ってお祝いをするの。

03.
世界中に友だちがいるけど
親友はいない

「友だち」と呼べる人が世界のあちこちにいて、親しい仲間もそこら中にいる。私は、そういう世界にいる友だちを大切に思っている。だって、私がその国にいる間、一緒に遊んでくれて、新しいことを教えてくれて、文化をシェアしてくれたから。

でも私には、小さい頃からすべてを分け合ったような、本当の「親友」と呼べる人はいないの。5歳の誕生日も9歳の誕生日も一緒に写真に写っているような親友がいないの。そんなこと、望めなかったのだから。

04.
新しい言葉を覚えるのは
得意だけど…

通っていた学校はほとんど、アメリカンスクールやインターナショナルスクールだったけど、その国の言葉も勉強するように求められることが多かったわ。イスラエルではヘブライ語を一学期、ベルリンではドイツ語を一年習ったわ。

そうしていると、ある時点で英語や韓国語、他に同時に習っている言葉の障害になって、訳がわからなくなることもあるわ。

05.
いつでも「よそ者」な
気がしていた

出会った瞬間に人と打ち解けられる人が本当に羨ましい。私は、知らない人たちの中に自分が放り込まれると、気の合う人や友だちを見つけるのに本当に苦労する。

内向的な人にとって、引越しが多いのはすごく大変なこと。新しい友だちを作るために何度も自分をさらけ出さなきゃいけないのに、新しく移り住んだ国で自分が珍しい存在だったりすると、外向的に振舞うのはもっと大変になる。

06.
ちょっと優柔不断

子どもの頃から、自分の人生を変えるような決断に口を出す権利がなかったの。両親が「荷物をまとめなさい」って言ったら、私も妹も言われた通りにしたわ。あるがままに受け止めてきたの。

でも、それは私の人生の決断にも影響を与えたわ。W杯でどのチームを応援しようか、金曜の夜は外食で何を食べようか、なんてことでも決めるのがすごく苦手なの。人から言われた通りにしてきたから、自分のやりたいことを考えるのが苦手なのかもしれない。

07.
アイデンティティって
なんだろう?

私は、自分がどこに属しているのかわからないの。私はいつだって、クラスに何人かいる外国人のひとりで、同じところに長く住んだこともなくて、アイデンティティを育てる暇なんてなかった。

きっと、同じような経験がある人はわかってくれると思うけど、自分の人種とか、肌の色とか、生まれたところっていうのが、いつも頭の隅でくすぶっているの。

なかなか、自分が一文化、一人種の人間だとは思えない。紙の上では確かにそうなんだけど、こんなにもたくさんの文化を経験してきたら、ひとつに決めるなんてできない。

08.
誤解されていると感じる

私はどうしても「分離されている」と感じちゃって、感情的なコミットメントが欠如しているところがある。他の人と距離を取っていて冷たい人間、って思われてしまうこともある。でも私は正直なところ、自分がそんなに冷たい人間だとは思っていないわ。

他の人の気持ちにだって共感しやすいタイプなの。それは、新しいコミュニティに移り続けた経験からきているものなんだけどね。

大きくなっても、いつまでも自分のルーツについての悩みはある。ただ、大変なこともいっぱいあったけど、素晴らしい経験をしてきたっていう感謝の気持ちもあるわ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外で暮らしたら、さぞかし楽しいだろう。漠然とそう思ったことがある人も多いでしょう。でも現実は、そんな単純なものじゃなさそう。独・ベルリン在住の女性ジャー...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
日本では子どもにピアスって、賛否両論あるものです。それが産まれたての赤ちゃんの話だったら尚更。ファッション・アイコンとしての赤ちゃんピアスはなぜダメなんで...
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
リトアニア出身の男性Jacob Laukaitisさんは、タイを旅行中に飲酒運転の車に跳ねられる大きな事故に巻き込まれてしまいました。生還した彼は、痛々し...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...