海外で活躍したい人が、絶対にしてはいけない「7つの言い訳」

海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがあるのなら、今すぐ覚悟を決めて本気で準備を始めること!


01.
「英語ができないし・・・」

english

海外で働くのに
必ずしも、英語は必要ありません。

英語ができなくても海外で仕事をしている人はたくさんいます。シンガポールに移住しシャンパンの輸入をして世界を回っている人。NYでフォトグラファーをしている人。金融関係で香港にいる人。かなり初歩的な英語で多くの人の力を借りながら人並み以上の仕事をし、収入を得ている人はいくらでもいます。それほど特殊な仕事でなくても、ラーメン屋さんで働いている人、居酒屋さんで働いている人、アルバイトをいくつもした後、起業した人などなど。
彼らに共通しているのは英語ができないことを言い訳にせず、「とりあえず現地に行ってみた」こと。英語ができなくてもできる仕事はたくさんあり、まずはフリーになって日本から仕事を持って行くという手もあります。
自分がやりたい仕事が、どの程度英語ができないといけないのか、まずは調べてみてください。

02.
「今の仕事が辞められない」

english

職業選択は自由ですよ!

もちろん仕事には区切りが必要。でも、日本でのキャリアを守るばかりでは、見知らぬ土地に行くことはできません。
すべてを捨てる必要はないけれど、少なくとも今の生活は捨てなくては物理的に海外に行くことはできないと覚悟してください。仕事をやめられない理由ではなく、自分の今の仕事がどのように海外で役に立つのかを考えるといいですよ。

03.
「お金が貯められない」

english

片道のチケットだけ買って、
後のことは流れに任せる、です。

イッセイ・ミヤケは帰りのチケットをもたずにパリに行ったといいます。多くの人が所持金数10万円で海外に行き、そこで何かをつかんでいます。
もちろん最低限のお金は必要ですがお金がないなら、まず現地での仕事をインターネットで探したり、レターを書いてみては?
日本ではなく、現地で稼ぐことを考えましょう!

04.
「知っている人、いないしな〜」

english

作ればいいのです。

その国に1人も頼るべき人がいないとします。ではあなたはなぜその国に行きたいと思ったのですか?シャネルに強く憧れてフランスで働きたいと思うなら、もうあなたは、ココシャネルという人を知っています。ならばシャネルの会社にレターを書いてみるのもひとつ。断られたとしても、次々に、好きなファッションのお店にレターを書いてみたらいいのです。

05.
「行ったことのない場所って怖くない?」

english

じゃあ、行ってみてください。

旅行で良いのです。ただの観光じゃなくて、そこで働くことを想像しながら街を見渡してみてください。あわよくば、旅の間に何かきっかけをつかんで帰ってきてください。

06.
「ビザとか、手続きが難しそう」

english

調べましょう。

就労ビザ取得はどんなに海外経験の豊富な人にとってもそんなに簡単ではありません。
誰かに聞けないかな?と考えて日々過ごすよりまずは自分でインターネットでチェックすること。当然のようですが、全てはここから始まります。
海外で仕事を決めてしまえば、相手国の雇い主がちからになってくれることもあります。

07.
「もう、無茶ができる歳じゃない」

english

早く無茶しないと、
本当にできなくなりますよ!

私達は日々墓場への道を歩き続けています。昨日より今日、今日より明日、あなたが海外で働ける時間は少なくなっていきます。「年齢的にどうなんだろう」と思ったら、今すぐ行動を起こすにこしたことはありません。海外で働くのに年齢制限があるわけではありません。
ただ、日本で転職するのと同じように、年齢にあった経験が問われるのは当然と考えたほうがよいでしょう

絵子/Eko

ファッション誌のライターとしてキャリアをスタートさせた後、株式会社エイチームにてゲーム脚本やデジタルコンテンツの制作に携わる。独立後ファッションブランド「NEON OPERA TOKYO」を発足しヨーロッパを中心に展開。2013年ハリウッドとシンガポールに拠点を置く映像・VFXスタジオと契約。映像脚本、衣装スタイリストとして活動。現在シンガポール、中国、LA、香港などを中心に旅しながら仕事中。

「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
ヨーロッパ中を飛び回りながら仕事をする、ドイツ・ベルリン在住のフリーランスのカメラマン。海外で活躍する日本人サッカー選手をはじめ、様々なスポーツ写真を撮影...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
人生には辛いことや苦しいことがつきもの。それを乗り越えることが大事とわかっていても、ついつい言い訳をして逃げてしまうことも。例えば、こんなセリフを知らず知...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
「人は易きに流れる」とはよく言われることですが、つい自分に言い訳をして楽な選択をしがちですよね。それもそのはず。“できる理由”よりも“できない理由”を探す...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
小林豊/Yutaka Kobayashi海外で大ブームとなっている日本食。現在その厨房に立ち、世界に挑んでいる料理人がいる。言葉が通じなくてもどんな人でも...
前はもっと“惚れやすかった”と思うのは、想いを誤魔化すのが、上手になったからかもしれないね。たとえば、こんなふうに。
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
とりわけ、若い人が転職を考えるとき、さまざまな不安が頭をよぎることでしょう。給料、世間体、勤務条件など、不安要素を数えればキリがありません。しかし、転職を...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「Sorry」を必要以上に多用しているなぁと、感じる時があります。でも英語圏では、本当に自分が悪いと思った時や、謝らなければいけない状況にならない限り、「...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
働き方が多様化していく中、「本業と副業」の関係ではなく、「いくつもの本業(複業)」を平行して行なう“パラレルワーク”という働き方に注目が集まっている。ひと...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...