残業手当と引き換えに、「若さ」を手放してはいけない。

最近街の煌びやかさに、ショックをうけたことがある。

11月も下旬。世間がクリスマス一直線だなんてことは重々に理解している、と、思っていた。でもいざ買い物へ行ったら、そこには想像を越えたキラキラ世界。

大きなツリー、寒空の下で光るイルミネーション、ファー付きのコートに身を包む女性、笑い合うカップル。こんなにも心踊っている世間から、完璧に取り残されていた自分に気がつく。

若い人には恋する時間が必要。子どもが生まれれば、子どもと過ごす時間が必要。働いてできることは、請求書の金額を払うことだけ。

職場と家の往復をするだけに時間を使っていると、いつの間にか老人になってしまうよ。

記憶の引き出しから、ホセ・ムヒカ元大統領の言葉が飛び出してきた。ウキウキ気分はどこへやら。突如押し寄せてきた焦りの波に、きれいに飲み込まれていった。ザッパーン。

最も怠ってはいけないもの
それは「タイムマネジメント」

笑いながら歩いてくる、女の子のアイシャドーのラメ感が目に沁みたとき、頭に浮かんだ言葉はひとつ。

タイムマネジメントを怠ると、残業手当と引き換えに『若さ』を手放すことになる。

職場と家の往復だけに時間を費やさないように、私はもう一度タイムマネジメントの専門家である、Laura VanderkamさんのTEDを見直すことにした。公開された直後から、定期的に見て自分に喝を入れていたのだけれど、最近は気が緩んでいたことに気付く。

もっと効率よく時間を使って、充実した毎日に変えたいと少しでも思うひとは、ぜひ彼女のアドバイスを聞いてみてほしい。

フリータイムは
1週間に“72時間”ある

1週間は168時間(24×7)。フルタイムで働いているなら、週40時間は仕事に使っている。8時間睡眠をとるとして、週に56時間。それならフリータイムが72時間も残っているはず。

週に50時間働いているとしても、62時間。60時間働いてるとしても、52時間は残っている。

買い物をする時間、子どもと遊ぶ時間、趣味に費やす時間は、フリータイムのうち何割かで本当は満足できること。

「時間がない」というセリフは、往々にして「優先順位じゃない」ということを表している。だって、ブラインドの掃除をしたら1,000万円もらえるなら、何よりも先に掃除するでしょう(笑)?

ではどんな意識を心がけをしていれば、忙しい中でも充実した時間過ごすことができるのか。

そのハウツーを、彼女がとてもわかりやすく動画でレクチャーしてくれている。

自分の「幸福度」を高める、働き方。
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
これまで女性は「仕事か家庭か」「出世か出産か」の二者択一を迫られることが多かったと思います。けれど、今はプライベートを大切にしながら仕事も継続できる時代。...
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
人によって働く意味は様々。正解も不正解もありません。しかし、働く女子がいずれ直面するのが結婚や出産といったライフイベント。働く意味が変わってきたり、働くこ...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむ女の子をスナップ&セルフィー。アンケートへの名解答&珍解答にも注目!
私たちは、しばしば物事を前に進んでいないのにも関わらず、全力で車輪を回すことだけに労力を割いている時があります。ライターJustin Gammillの表現...
「何が不満なのか分からない」、「どこまで指導していいのか迷ってしまう」……。企業における女性社員の現場で、女性部下の「取り扱い」について頭を抱えている男性...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
価値観が多様化する現代、昔と比べて私たちの働き方も随分と変わってきました。「ワークライフバランス」という言葉が世に出て久しいですが、自由に生き生きと暮らす...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
グローバル経済の時代、「働き方」も目まぐるしい変化を遂げている。ブルーカラーのみならず、ホワイトカラーの労働までもが国境を越えるようになった。この先も、自...
今の時代、これまでは考えられなかったほどのスピードであらゆることが目まぐるしく変化することで、価値観が多様化して働き方や生き方について考える機会が増えてき...
「Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、銀行員というキャリアを手放し、牧場で新たな人生をスタートさせた29歳の女性・K...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
本田直之さんと四角大輔さんの共著『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』では、仕事とプライベートを分ける「ライフワーク・バランス」ではなく。「...
キャリアウーマンだった女性が、出産を機に「退屈」の中に溺れてしまう……。よくある話です。BBCニュース記者であったアメリカ人のマヌーシュ・ゾモロディさんも...