結局、「強く美しい女性」が幸せを掴む。

いままで、「私ひとりじゃ何もできないの」と甘える女性と「じゃあオレがいいところを見せてやろう」と燃える男性でなんとか成り立っていた恋愛事情。

ですが、最近になって自立心があるたくましい女性にハマる男性が増えてきたよう。「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。

Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワフルな女性の魅力を学びましょう。

01.
プレッシャーをかけてこない

独立心が強い彼女は、彼に毎回おごってもらうことや、迎えにきてもらうことをそもそも求めていません。

自分のことは自分でできるし、幸せは自ら掴んでいくので、彼に頼りっきりになることもないでしょう。むしろ彼がいなくたって、彼女はやっていける。

それでも彼がいたほうがいいと思うから、"あえて"一緒にいるんです。

02.
自分を大切にできる

キャリアや人間関係、そして人生に注ぐ彼女の情熱は、たまらなく魅力的。自分の価値をちゃんと知っているから、相手に傷つけられたら黙っちゃいません。それすらが、彼女の"美学"なんです。

03.
恋愛は持ちつ持たれつだと
理解している

彼だってどん底に落ちたときはサポートして欲しいでしょうし、話だって聞いてもらいたいはずです。

男性だって、励ましてくれる存在を必要としているんです。

強い女性は、彼の凹み具合いに左右されず暗闇から引っこ抜いてくれるから頼もしい。遊びの恋愛ではなく、将来を考えるなら、断然こういう女性のほうがずっと一緒にいたいでしょう。

04.
常に前向きな気持ちでいられる

強い子ほど、彼をインスパイアできるもの。

そんな彼女といると、彼らは「もっといい人間になりたい」と触発され、いつの間にか成功への道をグングン進んでいたり。彼女といると、夢にも思わなかった最高の人生が実現できちゃうんです。

05.
ウソ偽りない姿で
向き合ってくれる

彼女は、面倒な状況から抜け出すためにウソをついたりはしないでしょう。

自分に非があるときはちゃんと謝るし、辛い事実とも誠実に向き合ってくれます。仮面をかぶったほうがラクなときだって、ありのままの自分で戦ってくれるんです。

06.
怖気付いたりしない

問題が生じた途端崩れ落ちるのではなく、大人らしく問題と向き合ってくれるのが強い女性の象徴。

諦めたり、逃げたり、関係を自然消滅したりせず、一緒に改善策を考えてくれるでしょう。

07.
欲しいものを手にするための
努力を怠らない

理想を高く持つ彼女は、往々にして生涯かけて叶えたい大きな夢を持っているもの。

それも口だけではなく、実現できるようコツコツと働きかけているのでは?キャリアに対するアツい姿勢は、恋愛にもしっかりと反映されるでしょう。

08.
人生を思いっきり楽しむ
術を知っている

こんな女性が、やっぱり魅力的。

Illustration byオザキエミ
Licensed material used with permission by Thought Catalog
 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ

関連する記事

今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...
「芯のある女性」に学ぶ20の恋愛術をご紹介。是非参考にしてみてくださいね。
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
恋人に浮気されて散々な思いをしたと言う、作家のAlison Segelさんが、世の女性たちに向けて"やめた方がイイこと"を説いています。曰く、強くならなき...
「ずっと彼に愛される人ってどんな人?」この質問に答えるべく、私は「五大陸のオンナ」を解剖してみることにした。生まれた大陸や言語すらも超えて、とにかく男心を...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
イギリス・ノッティンガムに昨年10月に現れたバンクシーの作品「フラフープの少女」が、アートギャラリーのオーナーによって購入され、壁ごと切り取られた。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...