ずっと愛される女性は、「素直で単純」の魅力をわかっている。

五大陸すべてで、求婚をされた女性がいる。

とにかく旅行が好きな人で、海外を飛び回まわっているのだけど、どこに行ってもほんっとうにモテる。日本でも彼氏が途切れたことがないのだけれど、23歳の時に大陸全制覇という偉業を成し遂げてしまった。

なぜこんな話をしているかと言うと、TABI LABOのSarahahにこんなメッセージが届いたから。

「ずっと彼に愛される人ってどんな人?」

この質問に答えるべく、私は「五大陸のオンナ」を解剖してみることにした。生まれた大陸や言語すらも超えて、とにかく男心を掴みまくって、6年交際したのち最愛の男性と結婚するという愛されオンナ。

彼女の行動・言動・考え方を調査して、導き出した答えがこれだ。

【素直 × 単純】
最もシンプルな方程式

253b41011f0db70b4b5ad7af1c9a0cd4a1c47e73

素直さは<ときめき製造機>

たどり着いた答えは、これ以上ないほどにシンプル。計算された“あざとさ”よりも、『天然タラシ』というやつは、ほんとうに威力がすごい。

たとえば新しい服を着てきた彼には、素直に「かっこいいね」「似合うね」とふんわり笑いながら褒めている。

ありきたりだけれど、意外と自然にできるひとは少ない。好きなひとであればなおさら、照れ臭さのほうが勝ってしまったりする。料理をオーダーしすぎてしまった時、完食してくれた姿を見て「ほんと頼もしい、ありがとう」と言う。

デート中に歩き疲れた時に「疲れた?休もうか」と彼氏に優しくされるだけで、「そういうところ好き」とか言ってしまう。どう考えてもかわいい。

こんなふうに素直でいられると、無条件に胸きゅんが増えるのだ。しかも伝染するから、ついついこちらまで素直になってしまう。

単純さは<幸せ変換機>

たとえば、彼氏がふとした瞬間に元カノを匂わせる発言をしてしまった時、素直な彼女はすぐに拗ねてしまう。咄嗟に謝ったところで、明らかに不穏な空気が漂っている。

こういう時なのだ、素直で単純な女性が500点を出すのは。

怒るけれど、それを引きずらない。無言のまま風呂場に逃げ込み、20分ほどお風呂に入れば体と一緒に心もスッキリしてしまうくらいが、ちょうどいい。なんなら髪を乾かして部屋に戻った頃には、反省もしている。

隣に戻って「ちょっと拗ねた、ごめんね」と、自分からポツリと言ってくれるのだ。素直さは伝染するから、そのくらいで拗ねなくても……と思っていたとしても、モヤモヤは一瞬にして消え去る。

お風呂上がりのアイスを食べ始めたら、すでに上機嫌というのが<単純>の素晴らしさに違いない。

凹んだり怒ったりしていても、好きな食べ物ひとつで、ふにゃっと笑顔を見せてくれるひとの隣は、居心地がいい。

元カノについて口を滑らせたマイナスは、こんな彼女の力によって、何倍もの「しあわせだな〜」というプラスの気持ちに変わる。

お分りいただけるだろうか。伏線を張って、その効力が1番活きるタイミングで回収できるのが、素直で単純なひとだ。

恋愛というフィールドにおいて、最強の組み合わせだと思っている。
『ときめき』と『幸せ』をくれるひとを、手放したいなんて思わない。

本気で自分を愛した男性が、どうなるのかを知っている女性は、同時に、愛し方を知っている。愛するということは、愛し方を教えるのに等しい。
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
カネカ食品がベルギーの乳製品メーカーと技術提携して開発した、パン好きのための牛乳。
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...
どうやら大勢で群れている女性よりも、群れから離れて一人で過ごしている一匹狼タイプの方がモテるらしい…。でも、その魅力って一体何なのでしょうか?1.群れてい...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
「いつだって愛されていたい」と思うのは、国を超えて女性に共通することですよね。彼氏ができたと思っても、実は自分は2番目だった。知らない間に浮気されていた…...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「いい男がいない」「私なんて」と、すっかり恋愛のスタートラインから遠のいてしまった女性たち。「まずは土俵に上がらなければ、なにも始まらない」とわかっていて...
女性という、生き物について。
こんな理想的な男性に巡り合えたら、確かに手放したくない。歳をとってもずっと愛情を持って、あなたのことを大切にしてくれる男性の特徴をまとめました。
男ってなに考えてるのかわからない!と思ったこと、一度はあるでしょう。そんな女性たちの声を受けてか、男性を代表してブロガーのJames Fellさんは「Yo...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
駆け引きだったり、自信なかったりで、好きな人に告白できない女性に向けて、「YourTango」の恋愛コーチライターが伝授する、男性を振り向かせる告白。
友達か、恋人か。白黒つけられない恋愛は、そんなに悪いことですか?
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...