6つのコツさえ心得ておけば、どんな女性でも落とせるチャンスがある。

好きな人とのデートは、男性にとって、自分のイイところをアピールする大チャンス。でも、女性を楽しませるためにやらなければいけないことはたくさんあります。お店を予約したり、何を話すのかを決めておいたり…。

いきなりかもしれませんが、そんな心配事が多い人には、『外人女性交際マニュアル』(トランス・ワールド・ジャパン )がオススメ。本来は、国籍の異なる女性といかに交際をするのかを教えてくれるハウツー本。ですが、紳士として相手の気分を良くするためのテクニックは、日本人女性にも通じるものアリ。(以下では分かりやすくするために、TABI LABO的基準で達成度をはかってみました。)

ティップスを伝授してくれるのは、30ヶ国以上の外人女性と交際経験のある著者ジーコ藤壺さん。ここで紹介するのは、いきなりの上級レベル。これができればもう、外国人女性だって落とせるはず!さすがにハードルが高い…という人のために「初級〜中級編」も用意してますよ。

Case 01.
「ご飯を食べに行くとき」

E6d40082db624fba9b755082c13f88fae4333fb2

外人女性と知り合ったばかりで、共通の趣味がなかなか探れない時、手っ取り早いのが食事の話。会った時でもいいし、次に会う時でもいい。ご飯に誘ってみるのだ。

でも、日本人のガチな寿司屋に行ったら、彼女にとってはアウェイ感があるから、うまくいかないかもしれない。俺の場合、雰囲気が海外っぽいお店に連れていくね。外人が働いていて、彼女が気を使わないですむようなレストラン

だって考えてみてほしい。もし自分が初めての海外でレストランに入って、雰囲気もよくわかんないし、メニューもチンプンカンプンだったらどうする?ピロるだけだよね。だから、アウェイ感はできるだけなくしてあげるのだ。

【勝手に紳士度チェック:79%】

食べる物に気を使うのはもちろん。雰囲気まで考えてあげる。

Case 02.
「ケンカをしたとき」

日本人の男女のケンカの場合。日をまたいだら、なんとなく許すことってあるよね。なあなあなままで。外人女性の場合、それは絶対にないと言っていい。

彼女たちにとって、ケンカは議論や意見をお互いに出し合って、最良の結果を出すために、焦点を定めて精査していく作業である。相手の議論を否定するようなケンカではないのだ。だから、そこから逃げてもいけないし、ケンカを売りっぱなしでもいけない。

【勝手に紳士度チェック:83%】

相手の意見を尊重し、冷静に話し合う。

Case 03.
「会話を楽しむとき」

8bda98729fd131a43e18a24a11eff0b40547e71c

外人は議論好きな人間が多い。テーマはさまざまだ。好きな音楽、映画、食べ物、アート、書籍、お酒、文化の違い、自国の政治、宗教、戦争、陰謀論などなど。

日本人がふだんの会話では話さないようなマジな話とかディープな話、教養の話とか当たり前のようにするのである。何人も集まった時にこういう話で大いに議論になる。そこで何も発言できないっていうのはけっこう気まずい。

だから、そこに対応できる知識は必要。さらに、自分の見解を持つことも必要。まあ、あくまでも人間同士の付き合いなので、そこで求められることにはできるだけ応えられるようにしたほうがいい。

【勝手に紳士度チェック:87%】

どんなテーマでも議論ができるだけの教養を身につける。

Case 04.
「良い雰囲気になったとき」

初日からSEXしたことって実はないね。ジェントルマンとして、彼女を家に返す。彼女はレディーなのだから。仲良くなったんだけど、また会いたい。そういう風に持っていく。

SEXをするってなっても、ラブホテルには抵抗があるね。たぶん女の子はついて来ないよ。ラブホテル=「私をそういう女として見ているの?」ってことになるから。だから、「私、ビッチじゃないわよ」ってなってしまう。2時間で料金いくらみたいな場所に行くってことは、そういう意味になるから。

だから、家に連れてくのがいいね。とにかく彼女に安心感を持たせたほうがいい

【勝手に紳士度チェック:91%】

がっつくことなく、ある程度の余裕をみせる。

Case 05.
「セックスをするとき」

D6a6a0f315b2e47c6c878c7624485942459e8bfc

外人女性を口説く時、あんまり頑張って口説いてもうまくいかないものだ。大好きなのにちょっと突き放す。いわゆるツンデレを出せ。もちろん同時にほめることも忘れてはいけない。ツンデレもやれば、ほめもする。言わばSとMの狭間みたいなところでバランスを取るとうまくいくのだ。

SとMを自分で使い分ける感覚ではなく、相手の女性の出方によって、自分を引き出されていく。女性が攻め込んできた時は、全部受け入れてMになるしかない。そういう時に男のほうからもワーッて攻めると、もうバーンってぶつかって、大炎上するだけだ。

【勝手に紳士度チェック:93%】

物怖じせずに、臨機応変に相手を受け入れる。

Case 06.
「嫌なことを言われたとき」

外人女性は本当に強い。手ごわい。感情を100%ぶつけてくるのだ。俺の弱点、おなじみのものも、新しく見つけたものも、そこをガンガン突いて攻撃してくる。

それでも彼女のほうが絶対に間違っていると思う時がある。でも、それもしょうがないと思うしかないのだ。それを彼女に言ったからといって、こっちが得するようなことはひとつもない。決して女性が強いというわけではないのだ。

日本人の根底にある、男が女よりも上だっていう認識を捨て去らなきゃいけないのだ。

【勝手に紳士度チェック:96%】

相手が悪くても、何事もないかのように許せる包容力を身につける。

常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
シーズン問わず、コスパのいいおかず「塩サバ」ですが、いつも焼くだけではワンパターン。そこで、こんなおつまみはいかがでしょう。
「ブロンド美女と付き合ってみたい」と思う男性たちには、『外人女性交際マニュアル』(トランス・ワールド・ジャパン)がオススメ。外人女性といかに付き合うのかと...
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。職場でテキパキと仕事をこなしていたり、メールやLINEの返事がシンプルだったり、合コンでも媚びていなか...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
男性の草食化が叫ばれて久しい、今日この頃。巧みにリードしてくれる「ジェントルマン」不足に嘆いている女性も、少なくないのでは?一方、男性にとってこれはチャン...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...
モテる男性は、女性のとる行動にとても敏感です。女性の何気ない行動が、気になる男性への態度なのかどうかをきっちりと見極めることが、恋愛テクニックを磨く秘訣で...
「ずっと彼に愛される人ってどんな人?」この質問に答えるべく、私は「五大陸のオンナ」を解剖してみることにした。生まれた大陸や言語すらも超えて、とにかく男心を...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
性格や行動パターンをおさえながら、B型女性の恋愛傾向に関する主な特徴をまとめて紹介していきましょう。もちろん、すべてのB型女性に当てはまらないかもしれませ...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...