背伸びしなくて、大丈夫。美しい女性に共通する「9つのコト」

「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自由を与えてくれる多面的なものでもある。
時代によって、または地域によって、「美」の概念は異なる。しかし、共有する普遍性として美しきものは人々を圧倒する力を持つ。それは時に、人々の勇気になり、励みになり、癒しにもなり、慰みにもなる。

その「美」の力とは何なのか。

私が見てきた、人々を魅了して止まない世界あまたの「美しい」者たち。その「美しさ」の定義は勿論、造形的・造作的なものも含まれる。
しかし、人を圧倒する本来の「美しさ」は、よりその内在するものに、その煌(きら)めきを放つ原石を隠し持つ。
例えば、その存在が持つ意味であり、意思であり、在り方である。そして、外面はその内面の表層化・表出化したものに過ぎない。

世界の「美しい人たち」は何を考え、何を規範とし、どんなことをしているのか。そこには9つの共通点があった。


01.
「自分らしさ」を
言語化できる

beauty

「美」とは個性であり、そのものを存在たらしめる核に由来する。そして、そのオリジナリティが他にはない輝きを持った時、その光が人々の目や脳や心に届き、魅了する。

自身のオリジナリティはどこにあるのか、自分らしさとは何なのか、知らぬままでは自身の「美」を輝かせることは難しい。
例えば、それは子どもの時好きだったことの中にある。利害も何も考えなかった時代に夢中になったこと、純粋に陶酔できたこと、何時間しても飽き足らなかったこと。

そして、自身が進んで身を置いた場所にある。居心地がいいと感じる場所、自分がしっくりくるポジション、そこに「あなたらしさ」はあるはずだ。

02.
「自分」に似合うものを
知っている

beauty

色でもいい、形でもいい、職業でもいい、住まいでも、場所でも、生き方でも、考え方でもいい。自身に何が似合っているのかを知ることは、あなたの「美」を輝かせることに非常に役立つ。それを測る基準は2つだ。

・あなた自身がとても心地よいと思えるもの。・他人から「あなたらしい」といわれるもの。

03.
「素」を見せることに無防備

美しい人はあたかも完璧のように見える。まるで精巧なガラス細工のように隙がなく、触れるのをためらわせる気迫がある。
しかし、実際それは違う。本当に美しい人は自身の素を見せることに無防備だ。その素は、あなたの欠点かもしれない、だらしない部分かもしれない、また、汚い部分かもしれない。それらはとても「人間らしい」。
精巧なガラス細工も美しいが、人々は血の通った生々しいくらいの人間性、人間味の中にリアルな「美」を見出す。

素を出すことは、あなたの魅力を増すことに等しいのだ。

04.
深い悲しみや
大きな苦しみに
「向き合えた過去」がある

beauty

美しい人は、強い人。何が起きようとも、揺るがぬ「芯」を持ち合わせている人。強くなければ、他人に優しくはなれない。一方で、相手の困難を思い図る豊かな経験や感情が必要だ。
その優しさ、慈愛の背景には、人生の暴風や荒波を経験し、それに逃げずに向き合った過去がある。
だからこそ、強くなれる。人に優しくなれる。

05.
「美」において、
1つのことに執着しない

「あなたの髪の毛は美しい」「あなたの筋肉はしなやかだ」。このように1つのポイントを称えられることもあるだろう。
しかし、だからといって、その部分に慢心したり、執着してはいけない。あくまで「美」は総合的なものだ。
何よりも一番大切なのは、「美」の根源はあなたの内面にあるということ。それを忘れてはならない。

06.
人の悦びを
自分事として悦べる

美しい人は「自他」の垣根が低い。または、そのフレーム自体を取っ払っている。そもそも、人と人、人と自然、人と生物、すべては同じ宇宙の下には同一であると考える。つまりは、自分以外の悦びはあなた自身の悦びであり、痛みはあなた自身の痛みである。
他の人が哀しい時、あなたが慈愛に満ちた癒しを与えられるのなら、それはエネルギーとなってあなたに戻って来る。
他の人が嬉しい時、あなたが同じ幸福感を共有できるのなら、その波動は周りの空気をも塗り替える。

美しい人は、自らの清浄作用、浄化作用をもって、場を、環境を豊かに変えていく力を持つ。

07.
「気品と気高さ」を
持っている

beauty

美しい人の生き方は、強く、そして、しなやかだ。そこには邪悪なものが介入できぬ気高さを持つ。凛とした佇(たたず)まいは、人々の指針になり、目標となる。
また、気品、気高さを持つとは、「正しさ」とは何かを知ることでもある。
正しさは、時代によっても国によっても異なる。しかし、あなたの中にある「正しさ」は普遍的なものであるはずだ。すべての人たちの繁栄を願い、すべての人たちの心の豊かさを祈念する。そこに繋がる概念、それこそが「正しさ」である。

08.
感情が「ぶれない」

感情の静謐さ、心をいかに平静にさせるか。落ち着きは優雅さを醸し、優美さを演出する。いかなる場面においても、心を乱さない。
その、たおやかな川の流れのような感情の動きは、人々の心をも癒し、安心感を与える。

09.
「絶対的自信」がある

beauty

人が何と言おうが、自分が歩んでいる道を正しいと思う。人がどんなに足を引っ張ろうとも、自身の行動に揺るがぬ精神で取り組める。その自信ある言動に人々は惹きつけられる。
無論、その志は自身だけの利を追求するものでなく、他者を幸せに導くものでなければならない。


美しい人たちは、内から輝き、世に光を放てる煌(きら)めく人たちである。

そんな彼らの共通点。

そのすべては、あなたの意思次第で変えられる。

 

女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
自信が簡単に手に入れられるのであれば、手に入れたい。けれど、いろんな人に自信の話をしていく中で、男性と女性には自信について差があるように感じてきた。という...
気品のある女性には、表面的な美しさだけでなく、内面からにじみ出るような「大人の魅力」がありますよね。そんな女性になるためには、どんな心がけや、努力の積み重...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
開発を手がけた「Organic Basics」は、数週間洗わなかったとしても臭わないと強気な主張もしている。
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
「もっとキレイなりたい」というのは、女の子なら誰もが持っている欲望。でも、彼女たちが求めている美しさって、なんでしょう?そんな定義の難しさについて綴ってい...
同じく女であるにも関わらず、女性の髪にうっとりしてしまうことがあります。ツヤツヤな髪の毛、ふわふわな髪の毛。シャンプーや花のような香り。いろんな魅力を秘め...
0歳から100歳まで、101人の女性たちが一糸纏わぬ姿で次々と登場する。彼女たちは、女優でもモデルでもない。全員が素人の女性たちだ。しかし、堂々としたスタ...
「The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。文化や人種、環境の「違い」とい...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
ビューティプロデューサーとして、これまで14万人もの女性にアドバイスを実践してきた平野宏枝さん。そんな彼女が、LAと日本を行き来するなかで見つけた「自分も...
無垢なかわいさは魅力的ですが、得てして長続きはしないもの。対して、本当の美しさとは、幼虫がさなぎを経て蝶へと変わり、いつかは羽ばたいていくようなものです。...
女性という、生き物について。
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
「かよわい子」というのを売りにしていた女性も、そろそろ戦略を変える時期。「Thought Catalog」のHolly Riordanさんの記事から、パワ...