世界45カ国「国や文化によって異なる美しい女性」

The Atlas of Beauty」プロジェクトは、ルーマニアの女性フォトグラファーMihaela Norocの作品。

文化や人種、環境の「違い」といった視点から、旅先で出会った女性たちの美しさを捉えた写真集だ。その一部を彼女のコメントとともに紹介する。

01.ラン・シラズ

02.タジキスタン・ドゥシャンベ

彼女は清掃員…と思ったんだけど、道路や駐車場に植物を植えていた。

03.トルコ・イスタンブール

04.キルギス共和国・ビシュケク

伝統的なショーに出演する前の女性。

05.ルーマニア

今日はイースターを祝う日。

06.フィンランド

07.コロンビア

コロンビアで撮影したナチュラルビューティー。

08.イングランド

アートの哲学を学ぶ画家の女の子。夢は学者になること。

09.キューバ

10.ロシア・モスクワ

11.中国・四川省

チベット人の女性。

12.ラトビア・リガ

13.チリ・エルパイコ

14.タジキスタン・ゴルノ
バダフシャン自治州

これまでに撮ってきた中でも最も興味深い民族のひとつ、パミール人の女性。

15.タジキスタン・ドゥシャンベ

マーケットでモノを売っていたところを撮影。

16.キューバ・ハバナ

17.ミャンマー

ここでは、最も静かで寛容な人々に出会った。

18.インド・ムンバイ

黄金寺院では1日に10万人もの人々へ無料の食事が振る舞われる。そこで会ったのがこの美しい女性だ。

19.ペルー・アレキパ

インカ帝国の皇帝のひとり「ザフィーロ」を思わせる名を持った女性に出会い、プロジェクトに参加してもらえるよう声をかけた。

20.タジキスタン・ドゥシャンペ

ウエディングドレスを着た女性。

21.エクアドル・クエンカ

22.ブラジル・リオデジャネイロ

23.ルーマニア

メリークリスマス!伝統的な衣装とモダンな服装の両方を取り入れている。

24.キルギス共和国・ビシュケク

移動中に出会ったモンゴル人の美しい女性。

25.インド・バラナシ

家族と一緒に毎日モノを売りに来る少女。

26.トルコ・イスタンブール

イスタンブールのティーハウスで出会った女性。

27.アフガニスタン

28.ルーマニア・ティモソアラ

29.ネパール・カトマンズ

カトマンズを歩いていた子連れの女性。彼女は英語を話さなかったけど、一緒だった男の子とは話せた。

「あなたのお母さんの写真を撮りたいの」。

そう尋ねると、彼はこう質問してきた。

「なんで?」。

私はこう答えた。

「だって、彼女は美しいから!」。

そうしたら彼は誇らしげに微笑みながらこういった。

「うん、そうなんだ!」

30.ペルー・マンコラ

砂漠と海が出会う場所。ペルーの街。アンデスに向かったあとに出会った女性らしい美しさを持つ人。

31.エクアドル

写真を撮影したMihaela Norocは、2013年にそれまで務めていた仕事をやめて旅に出るようになった。当初は個人的な作品だったが、いつの間にか世界中の人々から注目されていた。

彼女は、これまで45もの国を周ってわかったことを作品とともに伝えている。

「どこにでも美はある。それは、化粧やお金、競争、社会的ステータスではない自分らしさからくるもの。それぞれの文化にある違いの美しさに気づいて欲しい」

 
その他の写真はコチラから。
Licensed material used with permission by The Atlas Of Beauty
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
女性という、生き物について。
「美」とは、世界共通言語だ。美々しいものは誰が見ても「美しい」と認める絶対的なものであるその反面で、「美」は多様的で、見る者によって感じ方や受け取り側の自...
美しいという言葉の概念は、一人ひとり異なるもの。そこで動画メディアの「Cut」は世界中の人々に、ストレートにこう投げかけました。あなたにとって「美しい」と...
弱冠19歳のフォトグラファーLean Lui。香港生まれの彼女が若い女性を被写体に表現する世界は、日本のあることわざに大きな影響を受けているのだという。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
宮﨑駿監督のアニメーション作品が大好きだという外国人フォトグラファー。彼がつくりあげる世界観は、私たちの世界をまるで別世界に変えている──。
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
1年近く前のことだけど、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyana。彼女は本当に美しいのは「自分らし...