【バルパライソ】チリ世界遺産の街。美しさだけじゃない、街の全てがあなたを癒す

001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5

「この美しさ、まるでヨーロッパ」

About the City:バルパライソ

チリ第二の都市、バルパライソ。植民地時代スペインによって作られたこの街には、どこか欧州らしい雰囲気が漂う。見どころは街並そのもの。古い建築物に、あちこちに描かれたアート...ジェラートを頬張りながら散策すれば、この街に魅了されること間違いなし。

バルパライソの街並は、急な斜面多数の建築物、家屋が立ち並んでいる特徴がある。 この急斜面を移動するため、19世紀より市内には10本の「アセンソール」と呼ばれるケーブルカーが設置された。最も急なアセンソールは傾斜50度を越える。丘の上から望む色とりどりの街並は、必見だ。

 

Comment:この街に住んでみたい。僕は本気です。ボチボチの本気。ここは"雰囲気最高"。雰囲気。これに尽きる。オシャレっぷりと­か、良い古さだとか、そこに住むひとたちの感性だとか、もうそういうの全部ひっくるめて雰囲気。ここに住んだと仮定してする妄想の中の自分が僭越ながら、格好­良すぎて好き。実は、結構危険都市バルパライソ。しかも物価はそんなに安くない。そのめんどくささすらひっくるめて魅惑のバルパライソ。

 

tabisuzu_btn01

 

001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012,05,07「湾を囲むうっとりするような夜景」About the C...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
運動がなかなか続かない?そんな人にこそコレ!自宅で1日3分で出来る「二の腕痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSN...
価格は1,254円~と、チリ産らしいお手頃さの「ルート・ワン ヘリテージ・レッド」。根から実まで接木なしの一本木のブドウを使って仕込まれる赤ワイン。名前も...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
1日ではまわりきれないほど大規模な、街全体を活用した展示の概要が発表された。
先月28日(土)より、「アップリンク」が運営するオンライン映画館「アップリンク・クラウド」にて緊急企画がスタート。
チリはマイポ・バレーのワイナリーが造る「ソーヴィニヨン・ブラン オーガニック ロス・カネセス」。フレッシュで洗練された、飲み心地抜群のオーガニックワインです。
"世界の電子機器の墓場”と呼ばれるガーナのスラム街・アグボグブロシー。この地の貧困問題と環境問題をアートの力で変えるべく立ち上がったアーティスト・長坂真護...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
もしも、世界中の人々がひとつの街に住んでいたら、どうなるんだろう?国と国との境界線をなくした時、同じ街で暮らす住人として仲良く過ごすのか。それとも、考え方...
アメリカのニューヨーク歴史協会から始まった、Twitter上で花束を贈り合う「#MuseumBouquet」の紹介。
気仙沼港は、メカジキの水揚げ量が日本一。国内有数の豊かな水産資源を活かすべく、地元のオリジナルブランド「OIKAWA DENIM」が開発したのが「メカジキ...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...