何気ない日常に「メッセージ」で気づきを与えるアーティスト

誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインスタレーション活動を開始しました。ちょっとしたイタズラとも思えるような、彼のユーモアある作品が、じわじわと心の芯に刺さってきませんか?

01.
どうか、そっとしておいて。

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo6_1280

02.
これが、唯一の脱出方法

スクリーンショット 2015-10-23 13.08.41

逃げ道を確保するには…地球の反対側に向かって、とにかく穴を掘ること。必要なもの。①シャベル②強靭な筋力③十分な水と食料④友達、家族、Wi-Fiから、長期間離れることができる意思⑤そして、決意。

03.
呼吸測定器
tumblr_nqjqnmmoNM1t3t6f3o4_540

もしも、過呼吸気味に感じているのなら、この時計の針をよく見ながら、吸って吐いてのペースを合わせてごらん。呼吸がゆっくりになるまで続けること。楽なリズムになったら、ここを離れても大丈夫。

04.
ここで待ってて!

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo1_1280もうすぐ、未来のあなたが会いにやってくる。それまで、じっとここで待ってて。

05.
シーッ、ここにいるって
誰にも言わないでよ

tumblr_nwiu6mPOic1rte5gyo5_1280

06.
電線の上に引っかかった
スニーカー

スクリーンショット 2015-10-23 12.39.59

頭上の電線にぶら下がったシューズは、13歳の少年がうんざりして放り投げた結果、1989年の11月12日以来、ここにひっかかったままになっています。あるじを失った孤独なシューズは、どんな天候にもめげずにここに留まり続け、現在、電線にぶら下がった世界最長記録を保持しています。

07.
出口はこちらでーす

tumblr_nohcujuS7I1t3t6f3o4_r1_540

08.
この場所での
気まずい沈黙の歴史

スクリーンショット 2015-10-23 12.40.22

このベンチにおける気まずい沈黙の最長記録は、2011年5月4日ここに座った3人の友達(ハンナ、クリス、エイダン)によって記録されている。クリスが昔話を持ち出したとき、エイダンは彼が話を自分のいいようにすり替えていると指摘した。ヒートする二人のやりとりを聞いていたハンナは、彼らに「誰だって遠い昔の記憶は曖昧」と、仲裁に入ったものの功を奏せず。4分32秒の沈黙をもたらした。

09.
天気の話なんて、
聞きたくもないよ

スクリーンショット 2015-10-23 12.54.18

 10.
主人の帰りを
じっと待つアームチェア

スクリーンショット 2015-10-23 12.40.51

2015年2月3日、仕事で失敗を犯したマーティン・ヒルは、肩を落として自宅に戻ってきた。そのままこの椅子に深く腰掛け、その夜、忽然と姿を消した。心配した家族は、議論の末このアームチェアを外に出すことに決めた。新鮮な空気にあて、日々の喧騒のなかにさらすことで、もしかしたら彼が戻ってくるかもしれないと願ってのことだ。みなさん、腰掛けないでくれてありがとう。

11.
隠すことなんてできないのさ

スクリーンショット 2015-10-23 12.39.09

「都市に暮らしていると、あまりのスピードに私たちは、ほとんどのものを目の隅に捉えただけで見た気になってしまう。だけどそれは、真実を見過ごしてしまっているということなのです」

誰も気づかないものに気づきを与える。自身の作品のコンセプトを「The Atlantic」に語るPederson氏の言葉を、最後にご紹介しました。

Reference :The Atlantic
Licensed material used with permission by Michel Pederson

オーストラリア・シドニー在住のアーティスト、Miguel Marquezさんは、屋外にちょっとしたサインを掲示する作品を手がけています。まるで“公的な機関...
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
イラストレーターのMax Gutherは、人々の何気ない日常を描いているんだけど、どれも「監視カメラ」で見ているような角度から。リアルだったら絶対にいけな...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。これは、ロンドン在住のア...
あこがれの街。
なんかちょっと、変なんだけど。
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
本作品のタイトルである「YARN」は、アイスランド語で「糸」を表す言葉。この物語は、彩り豊かな糸によってアートへ昇華した「編み物」にスポットライトを当てた...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
日常にあるものとないものを融合させたマジックリアリズムに影響を受け制作されたPaigeさんのアート。この記事では、彼女の作品の雰囲気をお楽しみください。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。