街をさまよう「ゴミのモンスター」が、人々の心を動かす。

不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。

「蘇ったゴミを見て、使い捨てについて考えて欲しい」。そう思い行動したFrancisco de Pajaroさんは、スペインを拠点に活動するアーティスト。彼によって、生まれ変わったゴミモンスターが心に語りかけます。

もう捨てちゃうの?
まだまだ使えるでしょ。

3a5ba51713b633986c5ba974e3848d5b6931efe4

「使い捨てが当たり前になった社会でも、まだ利用できるものはたくさんある」

ロンドン、バルセロナ、ニューヨークなど、幅広い場所で制作をするPajaroさんは、どの街でもこの思いを大切にしているんです。

もちろん、ゴミをゼロにすることは難しい。でも、一人ひとりがムダのない生活を意識するだけでも、少しずつ世の中は変わっていくはず。ゴミから生まれたモンスターたちはそれを伝えるために生まれました。

10c033b0d661b59d3ee38e1cd51c39792339f32e

ゴミだって集まるとすごいんだぞ!今からその力を見せてあげるね。

34c888e23fd75a767a0f7d40ee2c9b7604a837d0

自分たちの可能性を探す旅に行ってきます。

F49f19525268973c139a9c78aa3d4d11e80eecff

もう、二度とトイレとしては働かないぞ!

6d8688107739377d0e12cbf387b01c85ad64e942

やれやれ。人間たちが適当なところに捨てるから、自分であるべき場所に戻りますよっと。

65e06e4df047bef9d65bf6012ce9c5debddaaa3b

住み心地はどうかって?悪いに決まっているだろ。

Df4cd7d4796e4214d1d9870dd4b8474a27e82dc5

ブロロロロロロ〜!バンバン!まだまだ使えるゴミを巡って、争いが始まった。

29f2b4e3af8da45f54ea0e1e5eb628a4c443a702

うーん。自分の家がわからない。

69b4dfa800f2b136914b1cdf6f69e72fcbbfc22a

こんなところに化け物が!?って、そう叫んで逃げていった人間たち。それを作り出したのは誰かな?

2c2a9783a651efcf96aaeb09bc45b6664cfe9f31

捨てられるくらいなら、こっちから逃げ出してやる!

60b74a4b3394d70a14dbb1acaefe2b0c887bac31

今、世界がいらないモノで汚れてしまったら、次の世代にもきっと悪影響になるはず、と彼は語ります。

もしも、この問題を放置してしまったら、私たち自身が未来を壊してしまうモンスターになってしまうのかもしれません。

Licensed material used with permission by Francisco de Pajaro
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...