「廃棄量・コスト・CO2」すべてを圧縮するスマートゴミ箱がすごい

韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収容できます。

さらに、すべてをデータ管理しオンラインで確認することで、収集車を最適なルートに配置し、「ゴミが溢れてる…」といったトラブルを防げるようになるとか。ひとつずつ機能を見ていきましょう。

ググッと圧縮して
8倍のゴミを収容

1018c5579ebf499450d21c221db9d090c03f44c0

捨てられたゴミを圧縮。そうして収集の回数を減らせるのが特徴のひとつ。そのエネルギーはソーラーパネルを用いて得るため、とてもエコ。ちなみに、Wi-Fiスポットにもなります。

A1a7b9e427f576da05e398c704223c5341853bb8

またゴミ箱内のセンサーで、常に「どのくらいゴミが溜まっているか」がわかるので、外に溢れ出るような心配もありません。

C8c93e6ea293f9fe82bde5978d3a856abd2c4025

収集も「満タンですよ」のサインがあるところだけ回ればいいので、大幅なコスト削減やCO2排出の低減にも効果を発揮。とても効率的ですね。

66ecb0934081a209bdabd4bd9dea3095e9e5a34e

ソウル大学など、4つの大学に144基を設置したケーススタディでは「週に12回の収集が2回に減った」、「リサイクル率が300%も向上した」という報告が届いているそう。

エコとクリーンの両方の力をあわせ持つ「Clean CUBE」。今後はインドやアメリカ、アラブなどのイベントを通じて、世界にその魅力を伝えていくみたいですよ。

Licensed material used with permission by Ecube Labs
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
フランスの4都市に、大量発生した隠れミッキー。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
圧縮袋が苦手だ。掃除機で空気を吸い込むタイプも、手でぐるぐる巻いて空気を抜くタイプも、うまく圧縮できたことがない……。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...