ゴミ捨て全自動時代、到来。スマートゴミ箱「T Air X」登場

スマートゴミ箱と聞いて「自動でフタが開くやつでしょ」と侮ることなかれ。「T Air X」は、ハンズフリーでフタが開閉できるだけでなく、袋を縛り新しい袋に交換するところまで全部自動でやってくれる“次世代のゴミ箱”なのだ。

ボタンを2秒間押すだけで、特許取得のサーモプラスチックシーリング技術によって、自動で袋の口を完全密閉。ゴミに触れることなく、嫌な臭いも気にせず、ゴミ処理ができるという手軽さ。

さらに、袋が取り出されたことを感知すると、新しい袋が自動的にセッティング。意外と面倒な次の袋のセットが省ける。また、フタは赤外線センサーの範囲内に入ると自動開閉されるので、いちいち手で開ける必要はナシ。

ストレスフリーな全自動ゴミ箱は、現在、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。気になる人は、コチラをチェック。

©合同会社NEOS Trading
©合同会社NEOS Trading
©合同会社NEOS Trading
Top image: © 合同会社NEOS Trading
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。