ゴミ捨て全自動時代、到来。スマートゴミ箱「T Air X」登場

スマートゴミ箱と聞いて「自動でフタが開くやつでしょ」と侮ることなかれ。「T Air X」は、ハンズフリーでフタが開閉できるだけでなく、袋を縛り新しい袋に交換するところまで全部自動でやってくれる“次世代のゴミ箱”なのだ。

ボタンを2秒間押すだけで、特許取得のサーモプラスチックシーリング技術によって、自動で袋の口を完全密閉。ゴミに触れることなく、嫌な臭いも気にせず、ゴミ処理ができるという手軽さ。

さらに、袋が取り出されたことを感知すると、新しい袋が自動的にセッティング。意外と面倒な次の袋のセットが省ける。また、フタは赤外線センサーの範囲内に入ると自動開閉されるので、いちいち手で開ける必要はナシ。

ストレスフリーな全自動ゴミ箱は、現在、応援購入サービス「Makuake」にて販売中。気になる人は、コチラをチェック。

©合同会社NEOS Trading
©合同会社NEOS Trading
©合同会社NEOS Trading
Top image: © 合同会社NEOS Trading
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
折りたたみイス「POTATTO350+」は、5秒で簡単に組み立てが可能で、座り心地も抜群。さらに、ゴミ箱や簡易トイレとしても使えるハイスペックな逸品だ。
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
全世界で10万個以上を販売する、強度と防水性が自慢のトランプがリニューアル。新型「Air Deck 3.0」は、軽量&コンパクトにしてデザイン性も高い逸品。
実用化が進む自動運転は、自家用車に限った話ではありません。すでに欧州では専用レーンを自走するバスが人々の足となり、東京でも2020年五輪開催に合わせたテス...
ユニークな素材を活用してきた英ファッションブランド「WOLLEBAK」が、今度は電機ゴミを活用して腕時計を生み出した!
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
熱いお湯を注ぐだけで自動的にかき混ぜをしてくれる全自動かき混ぜマグカップ「Swirl」が登場。電源もスイッチもなく、電池・充電池も必要なし。
「オビツ製作所」と「X-girl」が初めてコラボ。17日より「X-girl × OBITSU KEWPIE(R)」を発売した。
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
もともとケータリング事業をおこなっていたJagger Gordonさんは、ゴミ箱行きの食材を取り扱ったスーパーマーケット「No Waste Grocery...