キッチンのゴミを吸引してくれる、ナイスな「電動ゴミ箱」みたいなヤツ

はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持ちました。「へぇ〜、意外と便利かも」。

キッチン床掃除の本命に?
ちり取り要らずの凄いヤツ

活躍する場所は主にキッチン。たとえば、こんなアイランド型のユニットの下、床に接するように設置します。米ビンセンズのキッチンメーカーが開発した「Sweepovac」と呼ばれるこの代物が、ポテンシャルを発揮するのはお掃除の時。

家の中でも靴生活の欧米人でなくとも、「へぇ~、便利かも」って思えるはず。

ササッと集めた塵やゴミをSweepovacの前まで持ってきたら、

スイッチをつま先で軽くプッシュ。すると、ギュイ~ンと掃除機さながらゴミをすべて吸い込んでしまいました。いわゆるヘアサロンで使用する、ダストスイーパーをキッチンにそのまま持ってきたようなイメージです。

それにしても……吸い込んだ先はキッチンユニットの中。一体どこに消えてしまったのでしょう?

後付けOKの
固定式「電動ゴミ箱」

じゃん。こちらがSweepovac本体。ヘッドやノズル、ホースこそ無いものの構造は掃除機とまったく同じ。つまりは、「固定型の掃除機」とも「電動ゴミ箱」とも表現できるキッチンアプライアンスという訳。

設置時間わずか30分程度

メーカーの説明によれば、わずか30分ほどで簡単にDIYできてしまうとか。まずは、大胆にユニット下部に穴を開けていきます。

Sweepovacのテンプレートサイズに開口したら、電源を繋いで嵌めこむだけ。

吸い込んだゴミは専用のパックの中に収まるので、カートリッジを交換するだけでOK。

掃除機だって事足りますが、場所を取らないという意味ではこっちも意外とアリかも。とくにゴミが出やすいキッチン周りにあるからこそ便利な訳で。

どうやら、日本へのシッピングは行っていないようですが、現地アメリカでの販売価格は199ドル(約22,000円)とリーズナブル。いつか、デフォルトで組み込まれたシステムキッチンが登場したりして。

Licensed material used with permission by Sweepovac
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
「The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
〈Oregonian Camper(オレゴニアン・キャンパー)〉の「ジュートダストバッグ」です。エコ素材のジュートを使ったダストバッグは、キッチンのちょっ...
自分で育てたフレッシュなハーブや野菜を料理に使うのに憧れています。ですがキッチンはどうしても必要なアイテムが多く、なかなかプランターを置くスペースまで確保...
〈GORDON MILLER(ゴードンミラー)〉のペーパータオルです。オートバックスが手がけるブランドだけあって、自動車や自転車などのメンテンスなど、いわ...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...