米・バーモント州では「生ゴミ」をゴミ箱に捨てることが「違法」に!

アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。

同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の利用禁止に加えて、生ゴミをゴミ箱に捨てることをやめるよう求めているという。

そして、これからはバナナの皮チキンの骨コーヒーのかすなどの生ゴミは、自身で堆肥化するか、ビンに入れてリサイクルセンターに持ち込む必要があるのだとか。

一見非常に厳しい法律のようにも思えるが、これらすべての生ゴミの堆肥化をおこなうことで、自動車9000台の移動と同じ量の温室効果ガスが削減できるという。

同州は、春から堆肥化に関するオンラインクラスを開催し、住民たちの積極的な生ゴミの堆肥化をバックアップするとのこと。

最新の調査によれば、住民の過半数を超える約55%がこの法律を支持しており、すでに住民の70%以上が堆肥化の準備を進めているとのこと。

便利な日常から離れるのは難しいが、ときとして環境保全のためには思い切った決断が必要なのだ。

© Vermont Agency of Natural Resources/YouTube
Top image: © iStock.com/Grahamphoto23
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
ニューヨーク市で1930年代から使用されているゴミ箱がこの度リニューアルされることとなった。新しいゴミ箱は軽量化を実現し労働者にやさしい設計。またリサイク...
海外のクラウドファンディングで圧倒的な支援を集めた小型ミルクフォーマー「Nano Former(ナノ フォーマー)」が「Makuake」に登場。シルクのよ...
「ローカルフードサイクリング株式会社」は、畑や庭などを所有していない都市部に住んでいる人でも家庭からの生ごみを減らすことができる「LFCコンポスト」の販売...
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
「ZitA」には、モーションセンサーが搭載されている。ゴミを捨てようと手を近づければ、勝手にフタが開き、その3秒後に閉まるデザイン。自動で開閉するのが最大...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
5月27日、米国カリフォルニア州を初めとした23州と5つの自治体が連邦政府に対して新燃費基準を定めた「SAFE規則」を見直すよう訴えを起こした。併せて、ト...
米ワシントン州シアトルで世界初となる遺体を堆肥にする埋葬施設「Recompose」がオープン。遺体はウッドチップと共に保管され、空気を絶えず送り込みバクテ...
今年3月28日から日本で公開予定となっている映画『グリーン・ライ〜エコの嘘〜』は、環境に優しいと表記された食品生産の真実に迫る“ダークツーリズム”作品。
9月10日、カリフォルニア州知事は2045年までに州内すべての電力を再生可能エネルギーにする法案に署名しました。
先日、カリフォルニア州の「大気資源委員会」が発表したところによると、今回、新たにトラックのメーカーに対してのゼロ・エミッション規制の具体的な内容が規定。そ...
自分の好きなステッチを縫うことでオリジナルデザインを楽しめるDIYスマホケースは、100%堆肥化可能というのも人気の秘訣。亜麻と植物ベースの原料を用いた特...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
森の呼吸と静かに同調する、そんなひとときが待ってそう。
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
晴耕雨読、昔の人はうまいことを言ったものですが、都会のわずらわしさから離れ、週末を郊外で過ごすようなライフスタイルは、今も昔もそれほど変わらないのかも。だ...
一般的な学習机って、棚や引き出しがゴテゴテ付いてて「いかにも子供用」って感じ。正直リビングにはあまり置きたくない存在。だけどこの「familia」なら、イ...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。