繰り返し使える便利な「ストロー」は衛生的で携帯性もバッチリ!

エコへの意識の高まりから、近年、マイボトルマイ箸を使う人はじつに多い。

しかし、洗う手間や衛生面への不安、携帯性の低さなどから“マイストロー”の普及は今一歩といったところ。

が、ついに、高い利便性と快適性を実現し、それでいて衛生的な製品が開発された。

現在、「Kickstarter」で先行販売されている「Penna Straw」と呼ばれるこのストロー。小さなケースのなかに4つに分解されて収納されており、使用する際は強力なマグネットの磁力で連結。使用後は、ケースに水を入れてシャカシャカ振ると、付属のブラシがストローを洗浄してくれる。さらに、ケースに装備されたUV LEDがストローを常に無菌状態に保ってくれるのだとか。

今なら早割で$29(約3200円)から売られているこの製品。実際に使用している様子は以下の動画で確認してみてほしい。

世界中がプラスチックストローの規制へと動き出しているなかで、これさえあればどこでも快適にエコフレンドリーな日々を過ごせるはずだ。

© Hype/YouTube
Top image: © 2020 Elretron iNC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「LastSwab」は、シリコンでできた“綿棒”。水洗いをすれば、繰り返し使えるのがウリです。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
カナダの「Rice Straw Technologies」という企業が製造するのは、米からできたストローだ。
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
「CRAZY KITCHEN」は、サステイナブルを意識したケータリングサービス「SUSTAINABLE COLLECTION」を開始。食材から箸、おしぼり...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
新型コロナウイルスの流行を受けて音楽の物理媒体の売り上げが低迷するなかでも、家庭でレコードをかけるという人は増えているようだ。ついに米国では、今年上半期に...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
飲み終わったら、カップはゴミ箱へ。でもストローは……食べる!
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
世界中でいまだ収束の兆しがみえない、COVID-19の感染拡大。そんな未知のウイルスの感染拡大には「言語」が関係しているという仮説に基づいた研究が進められ...
「GoogleITサポートプロフェッショナル認定」は、プロダクトマネジャーやデータアナリストなどの職に必要な知識や技能が学べるGoogle発の資格制度。コ...
繰り返し使えるサステイナブルなマスクがオーストラリアよりお目見え。フロントの空気孔が印象的なマスクはオンラインにて購入可能。
1月21日、スターバックスがサステイナブルな新戦略を発表。植物ベースのオプションを拡大することや使い捨てから再利用可能なものに変更すること、食品廃棄物を再...
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
現代社会が抱える深刻な環境問題を、あえてユーモラスに伝え、お祭り気分の参加型エコチャレンジとすることで、国境を越えて人々が自発的に取り組んでいる活動を紹介...