繰り返し使える便利な「ストロー」は衛生的で携帯性もバッチリ!

エコへの意識の高まりから、近年、マイボトルマイ箸を使う人はじつに多い。

しかし、洗う手間や衛生面への不安、携帯性の低さなどから“マイストロー”の普及は今一歩といったところ。

が、ついに、高い利便性と快適性を実現し、それでいて衛生的な製品が開発された。

現在、「Kickstarter」で先行販売されている「Penna Straw」と呼ばれるこのストロー。小さなケースのなかに4つに分解されて収納されており、使用する際は強力なマグネットの磁力で連結。使用後は、ケースに水を入れてシャカシャカ振ると、付属のブラシがストローを洗浄してくれる。さらに、ケースに装備されたUV LEDがストローを常に無菌状態に保ってくれるのだとか。

今なら早割で$29(約3200円)から売られているこの製品。実際に使用している様子は以下の動画で確認してみてほしい。

世界中がプラスチックストローの規制へと動き出しているなかで、これさえあればどこでも快適にエコフレンドリーな日々を過ごせるはずだ。

© Hype/YouTube
Top image: © 2020 Elretron iNC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「LastSwab」は、シリコンでできた“綿棒”。水洗いをすれば、繰り返し使えるのがウリです。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
カンボジア発のエシカルシューズブランド「KINGDOM OF WOW!」が日本上陸。第一弾として、欧米で話題のルームシューズを販売開始。
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
ワンタッチで変形、拡張するバッグの日本上陸に向けたプロジェクトが、クラウドファンディングサービス「Kibidango」に登場。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。