ペットボトルで家づくり!パナマの「リサイクル村」が話題に

様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?

パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、すでに120戸もの「ペットボトルハウス」が建てられていて、村と呼べるくらいの規模になっているそうです。

1万本のペットボトルで建てた
リサイクルハウス!?

5e2a5d537059e41836b36dd98517f61e0addb253

プロジェクトを始めたRobert Bezeauさんは、世界中で年間2.66兆本消費されているペットボトルをなんとかリサイクルできないかと考えました。写真の家には、1万本以上のペットボトルが使われています。

39b076592c3094d212e0c6e28f9e662b321b3621

まず、ペットボトルはワイヤーゲージの中に入れられ、鉄筋で補強。アーチ状など、様々な形状に対応できます。

9c9cd5bec4160a6ed659aad3a676ac866f8c6619

フレームが出来上がったら、セメントを塗り、

479c8d1c959594938b1e091e4b2c4a40e5bea391

このようにペットボトルハウスが仕上がっていくというわけ。

意外なメリットも!

4c04a1d12a239bcbcc10c482b4c6d1e3b920675f

じつはペットボトルで作る家にはたくさんのメリットが。例えば、中は空気で満たされていて、室内を適温に維持できるのでエコフレンドリー。

また、意外にも耐震性が高く、ローコスト。水害の多い国では、洪水に見舞われた時に臨時のイカダとしても使えます。

4bb532d04da706f886bcab91238d2850aa8ab8b0

先進国であっても、ペットボトルの再利用には手間と費用がかかるもの。しかし、「捨てるくらいなら家を作ろう」と、まずは自分たちの手で出来ることからリサイクルを始めた彼ら。今後はこの技術を広めるトレーニングセンターの設立も検討中だとか。

Licensed material used with permission by Plastic Bottle Village
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
オランダの都市部アイントフォーフェンから少し離れた土地に、ホームレスのためのコミュニティが誕生しました。小さいけれど、太陽の光をあたたかく感じられるカラフ...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
冷暖房をそれほど使わなくても、夏も冬も快適な家がつくれるとしたら? ドイツで生まれた「パッシブハウス」とは、省エネで快適な家づくりを目指す、サステナブルな...
スウェーデンのアウトドアブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」。そのアイコンである「Kanken(カンケン)」は、1978年の誕...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。