ペットボトルで家づくり!パナマの「リサイクル村」が話題に

様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?

パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、すでに120戸もの「ペットボトルハウス」が建てられていて、村と呼べるくらいの規模になっているそうです。

1万本のペットボトルで建てた
リサイクルハウス!?

プロジェクトを始めたRobert Bezeauさんは、世界中で年間2.66兆本消費されているペットボトルをなんとかリサイクルできないかと考えました。写真の家には、1万本以上のペットボトルが使われています。

まず、ペットボトルはワイヤーゲージの中に入れられ、鉄筋で補強。アーチ状など、様々な形状に対応できます。

フレームが出来上がったら、セメントを塗り、

このようにペットボトルハウスが仕上がっていくというわけ。

意外なメリットも!

じつはペットボトルで作る家にはたくさんのメリットが。例えば、中は空気で満たされていて、室内を適温に維持できるのでエコフレンドリー。

また、意外にも耐震性が高く、ローコスト。水害の多い国では、洪水に見舞われた時に臨時のイカダとしても使えます。

先進国であっても、ペットボトルの再利用には手間と費用がかかるもの。しかし、「捨てるくらいなら家を作ろう」と、まずは自分たちの手で出来ることからリサイクルを始めた彼ら。今後はこの技術を広めるトレーニングセンターの設立も検討中だとか。

Licensed material used with permission by Plastic Bottle Village
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
「パタゴニア」が1000万本のペットボトルをリサイクルした素材を採用した「リサイクル・ブラックホール・バッグ」を発表。
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
サーファーとして海を拠点に生きてきた兄妹が創設したブランド「Fair Harbor Clothing」。ここの水着は、使用済みのペットボトルをリサイクルし...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
回収用に設置された自動販売機に空のペットボトルを入れるだけ。
ペットボトルは、耐水性や耐久性など、あらゆるポイントで優れています。なのに、あまりにも身近な存在すぎて、ただのお手軽なモノと見られがち。『PET-ART』...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
イタリアのローマ市は、ペットボトルのリサイクルポイントを地下鉄やバスなどの公共交通機関の乗車券と交換できる実証実験をスタート。30本分のポイントにつき、フ...
素材はまさかのペットボトル12本のみで、豊富なポケットと必要なものをしっかり収納できる優れたサイズ感を実現した、地球に優しいハイクオリティなバックパックが登場。
ディズニーが「ピーナッツバター・アンド・ジェリーミルクシェイク」の公式レシピを公開!
スペインのマドリードにあるマヨール広場で、4日間だけ現れた迷路。すべてペットボトルで作られ夜は青く光っていた。これらは近隣住民から集められたもので、ゴミの...
普通のペットボトルは分解に数百年かかるが、このプラスチックレスボトルはほんの数週間で分解されるという。海に流れても、プラスチックのようにずっと残ることはない。
パタゴニアがすべての防水性アウターウェアにリサイクル素材を使用することを発表。
1月16日から、スイスのバッグブランド「FREITAG」が新作となる「F660 JIMMY」の販売を開始した。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
“道端の雑草の名前をチョークで紹介する”というフランス発のムーブメントは、口コミやソーシャルメディアを介しヨーロッパ全土に広がっている。
調査結果によると、男性は女性より週20時間も多く家庭のタスクをこなしているとか。睡眠障害や、心拍数が上がるなどの症状も。
スウェーデン・エシルストゥーナにあるショッピングモール「ReTuna」は2階建ての複合施設。特筆すべきは、モール内にあるお店の製品は全てセカンドハンドという点。
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。