ひとりの青年のアイデアが難民たちの「暮らし」に安心をもたらした

気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設置された仮設住居が崩壊した例も少なくないそうです。

こうした環境のなか、被害が一番少なかった住居が何で建てられていたと思いますか?この話を聞いたとき、『三匹の子ぶた』を思い出しました。童話のなかで三男の建てたレンガの家よりも、現実世界でさらに強かった素材。難民たちを最後まで守ったのは、テントでもレンガでもなく、私たちの身近にあるモノ。

あらゆる災害に強い素材は
意外なモノだった。

写真の青年は、アルジェリア出身のTateh Lehbib Breicaさん。大学生の頃に再生可能エネルギーに関して学んでいて、いつかその経験を活かしたいと思っていたそうです。

そんな折、彼のおばあちゃんが砂嵐の被害にあって大怪我。事なきを得たそうですが、嵐から祖母の命を守るため、彼は「ペットボトルハウス」を建てたそうです。

ペットボトルが建築資材という意外性、詳しく見て行きましょう。

これまで、難民キャンプの建物は、泥やセメントで固めたレンガの家で造られたものがほとんど。ただ、長期的に降る雨に耐えきれず、その多くは崩壊していったそうです。そこで Breicaさんのアイデア。耐水性のあるペットボトルは、そういった問題を解決へと導きました。

「埋め立てる」替わりに、
「埋め込む」というアイデア

彼が目をつけたのは、すべてはゴミとして捨てられたもの。本来ならばそのまま埋め立てられる予定のペットボトルにワラと砂を詰めて強度を持たせ、1つずつ並べてセメントで塗り固めていきます。円形に積み重ねていくこの設計も暴風の抵抗を最小限に抑える工夫です。

何百年たっても分解されないというプラスチックのネガティブな特性を逆手にとって、耐久性にすぐれた家に仕上げる。Breicaさんのアイデアは、5つの難民キャンプで計25個のペットボトルハウス建築に役立てられているそうです。

雨風に強いだけでなくゴミ問題の改善につながる、一人の青年の発想があらゆる面で難民たちを救っているというストーリーを紹介しました。

Licensed material used with permission by 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
他の記事を見る
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
「PET lamp project」は、日常生活から出るペットボトルのゴミ問題を解決するために、1人のデザイナーがはじめたプロジェクトです。過去には、日本...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...