「自作のシール」で難民問題を喚起した、学生によるクレバーなプロジェクト

世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろうか。

そのアメリカはNYで、広告の専門学校に通う学生2人(Kien QuanとJillian Young)が、とてもクレバーな方法で難民問題に対する人々の意識を向けることに挑んだ。

世の中は、「難民」による
クリエイションであふれている。

「MADE BY REFUGEE

黒にオレンジのアクセントは、Refugee Nationのシンボルカラーだ。この自作のステッカーを持ってNYの街にくり出した彼らは、至るところで目にした商品にそのステッカーを貼っていく。

食べ物、書籍、レコード…、それらは難民(あるいは亡命者)となって移り住んだ先で、数々のプロダクトや作品として、先人たちが残したもの。Kienたちの狙いは、難民がアメリカの生活にどのように貢献してきたかを人々に再認識させることにあるんだそう。

実際のところ、難民、移民の定義について思うところもあるだろうが、彼らのアクション自体にフォーカスを当てて見ていきたい。

一家に1本が当たり前の
シラチャー・ソース

BBQやハンバーガー、ホットドックなどのソースとして大人気の「シラチャー・ソース」は、西海岸を中心にブレイクし、今やその人気は全米に広がっている。30年ほど前にLA在住のDavid Tranによって商品化されたと言われているが、彼はベトナムからの難民。

特殊相対性理論の生みの親
アルバート・アインシュタイン

物質がもつ質量は、エネルギー変換が可能だとする、「アインシュタインの公式(E=mc2)」も、ドイツ難民としてアメリカにやってきた彼が発表したもの。のちにノーベル物理学賞を受賞(1921年)。

平和の擁護者
ダライ・ラマ14世

チベット仏教の最高指導者でありチベットの精神的指導者、ダライ・ラマ14世。1940年の即位以降、中国からの侵略や人権侵害行為に反発し、1959年インドへと亡命、政治難民となっている。生まれ故郷のアムド地方のは、現在中国の青海省。

ユダヤ系ドイツ人
アンネ・フランク

ナチスドイツによるユダヤ人迫害が行われていた第二次世界大戦中、アンネ一家はオランダへと逃げ、アムステルダムの隠れ家(屋根裏部屋)で連行されるまでの2年間、生活を送っていた。その模様はアンネによって記録され、かの日記となって出版された。

ユダヤ人の家庭に生まれた精神科医
ジークムント・フロイト

精神医学者で精神分析学者のフロイトも、オーストリア難民。ユダヤ人であったためナチスの標的とされ、家族とともに、パリやロンドンへと亡命した。

福音を宣教しながら放浪
イエス・キリスト

キリスト教とにとっては、イエス・キリストが幼少期から公の活動を開始するまでの期間を過ごしたとされるナザレ(イスラエルの都市)。イエスやマリアも考え方によっては国を追われた身、ということか。

東アフリカの島からインド、そしてロンドンへ
フレディ・マーキュリー

数々のヒット曲をリリースし、音楽シーンに多大な影響を残したイギリスのミュージシャン。ロックバンド「Queen」のボーカル。英保護領ザンジバル(現タンザニア)に生まれた彼が17歳の時、ザンジバル革命が起こり、イギリスに移り住んだ。

レゲエの神様
ボブ・マーリー

ジャマイカに生まれたボブ・マーリーは、17歳で渡米。31歳のときにジャマイカ二大政党の対立抗争に巻き込まれ、暗殺未遂が起こる。その後、自発的に亡命。平和活動を呼びかけるためロンドンへ。そして「ONE LOVE」コンサートを開催していくことに。

MINIの設計者
アレック・イシゴニス

ブリティッシュ・モーター・コーポレーションが1959年に発売を開始した、小型大衆車のMINI(ミニ)の設計者として知られる、サー・アレック・イシゴニスは、旧オスマン帝国領内のイズミル(ギリシャコミュニティ)で生まれた。1919年から始まった希土戦争を前に故郷から亡命。

難民問題は、今に始まったことではない。

「難民問題は、今もむかしも議論の的となっている。けれど、我々はこの問題が社会への大きな一因をとなっていることに目を向けずに来てしまったのではないでしょうか。このプロジェクトは、それを世界に思い起こさせる施策なんです」。

Kienたちのチャレンジを動画(以下)とともに紹介するメディアは多い。Kienたちもまた、このステッカーをオープンソースにして、世界中の人たちへのアクションを求めている。

Licensed material used with permission by Made By Refugee
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerabilit...
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
イギリス、ロンドンにオープンしたショップ「CHOOSE LOVE」は、難民が実際に使う生活用品を手に取って見た上で購入し、実際にヨーローッパや中東の難民の...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
気象の変動が激しいサハラ砂漠では、意外にも豪雨が続くことも多いそうです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、この水害により難民キャンプ用に設...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサステイナブルな...