スイスの湖畔に現れた少女が伝える「メッセージ」とは?

少し前の話になりますが、スイス西部のジュネーブに、折り紙の舟をレマン湖に浮かべる少女のランドアートが出現しました。描いたのは、フランス人のランド・アーティストであるSaypeさん。

地中海で移民の救助に取り組むNGO「SOS Mediterranee」に、敬意を表するために制作されました。作品のタイトルは、『未来からのメッセージ』。ジュネーブの街の中にキャンバスをつくろうと決めたのは、外国人の人口が50%の国際都市のうえに国連事務局があるからなのだそう。

franceinfoのインタビューで、彼はこのように想いを伝えています。

「戦争や社会経済状況によって、やむを得ず母国を離れなくてはいけなくなった人々が、他国で生活難になっていたり、肩身の狭い想いをしていることを知っています。地中海で苦しんでいる移民がたくさんいることを私たちは知らなくてはいけません。そして、今できることを考えてこのアートを作りました」

──『Genève : l'artiste belfortain Saype rend hommage à SOS Méditerranée avec une nouvelle oeuvre grandiose』franceinfoより引用

Reference: SAYPE, franceinfo
Top image: © 2018 SAYPE
他の記事を見る
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
スイス人作家ヨハンナ・シュベリによって書かれた『ハイジ』。原作は60もの言語に翻訳され、発行部数はじつに5,000万部以上だそう。世界中で愛され続けている...
スイスでは2018年3月から、動物保護関連の規定が強化され、甲殻類を調理するとき、痛みを感じないよう失神させることなどが定められる。これに世界では賛否両論...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
スイスと言えば大自然。アルプス山脈を電車で駆け抜けたりするイメージだけど、その自然の中にポツンと建てられた劇場がある。季節ごとにテーマを分けたパフォーマン...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
2024年のオリンピック開催地にパリが選ばれたことを機に、フランスの人権団体はアスリートと難民を比較した動画を作成しました。どれも30秒ほどですが、短い時...
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
紛争や貧困に苦しむ中東やアフリカの国々から、ヨーロッパへと海を渡る人々。ひところに比べその数は減少したものの、難民流入と受け入れ問題で欧州全体が大きく揺れ...
今冬限定で、チーズフォンデュを機内食のメニューに追加している「スイス インターナショナル エアラインズ」。オーダーできるのは、ジュネーヴからの限られた路線のみ。