「20年ぶりの開催」
となるスイスのワイン祭

7月18日から8月11日まで、スイス西部のブベーで開催されるワイン生産者の祭り「Fête des Vignerons(フェット・デ・ヴィニュロン)」。

「今年は行けなかったから来年か再来年こそは……」なんていうのは通用しないお祭り。理由は、開催されるのが約20年おきという伝統行事だから。

およそ3週間にわたる開催期間、100万人を超える来場者が見込まれている。会場の一部には大きなアリーナも設営され、ワインを楽しむだけでなく毎日ショーが行われたり、地元のミュージシャンがパフォーマンスしたりと盛りだくさんの内容。

スイスワインが好きだという人、今年の夏は思い切って現地で嗜んでみてはどうだろう?

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
ナチュラルワインって、なんですか?
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
FCバーゼルのホームスタジアム「ザンクト・ヤコブ・パルク」は、世界中のスタジアムのなかでも異色の存在です。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...