絶対に二日酔いにならないワイン。でも、イイ気分にはなるよ。

二日酔いって、最悪だよね。

「Rebel Coast Winery」のホームページには、多くの人が理解できるだろうメッセージが載せられています。これを好きだと言う人は、まずいないでしょう。

もう“頭の内側から叩かれている”ような経験はしたくない、ということで、こんなワインができたそうです。

飲んだら、ハイになる
「ソーヴィニヨンブラン」

52425796878336004870235819606016

カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも二日酔いにはならないという仕組みなんだとか。

「ただのジュースじゃん」っていうコメントも聞こえてきそうですが、アルコールの代わりにマリファナを使っているそうです。しかも、入っているのは、主に医療用として注目されているCBDではなくて、ハイになれる成分と言われているTHC。

つまり、少し酔っ払ったような感覚を楽しめるということ。おそらく、この生産者の2人のように。

5642233374048256

ちなみに、1本あたり約16mgのTHCが入っているとのこと。分量的にはあまり多くない、とホームページに記載されています。

だから、楽しみ方はこんな感じなんだとか。

「バッドトリップは経験してほしくない。

2〜3杯のグラスワインを飲んだ後に、なんだかクスクス笑ってしまうような。そして、裸になって……。

もっとハイになりたいなら、自分でダビングしてくれ」

「Rebel Coast Winery」によれば、2,000年間、その姿を変えてこなかったワイン。ノンアルコールでありながらも、楽しい感覚を提供してくれるワインは、確かに革新的かもしれません。

6107209754738688
Licensed material used with permission by Rebel Coast Winery
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
「#IMWITHKAP」という彼に賛同する意味のあるハッシュタグが刺繍されているデザインです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
アドレナリン全開だったんでしょうね。
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
赤ワインをおいしい状態に仕上げるには、一定の長さ空気に触れさせておく必要がありますが、そのデカンタージュを代わりに果たしてくれるアイテムが登場しました。
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...