絶対に二日酔いにならないワイン。でも、イイ気分にはなるよ。

二日酔いって、最悪だよね。

「Rebel Coast Winery」のWEBサイトには、多くの人が理解できるだろうメッセージが載せられています。これを好きだと言う人は、まずいないでしょう。

もう“頭の内側から叩かれている”ような経験はしたくない、ということで、こんなワインができたそうです。

飲んだら、ハイになる
「ソーヴィニヨンブラン」

カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも二日酔いにはならないという仕組みなんだとか。

「ただのジュースじゃん」っていうコメントも聞こえてきそうですが、アルコールの代わりにマリファナを使っているそうです。しかも、入っているのは、主に医療用として注目されているCBDではなくて、ハイになれる成分と言われているTHC。

つまり、少し酔っ払ったような感覚を楽しめるということ。おそらく、この生産者の2人のように。

ちなみに、1本あたり約16mgのTHCが入っているとのこと。分量的にはあまり多くない、とWEBサイトに記載されています。

だから、楽しみ方はこんな感じなんだとか。

「バッドトリップは経験してほしくない。

2〜3杯のグラスワインを飲んだ後に、なんだかクスクス笑ってしまうような。そして、裸になって……。

もっとハイになりたいなら、自分でダビングしてくれ」

「Rebel Coast Winery」によれば、2,000年間、その姿を変えてこなかったワイン。ノンアルコールでありながらも、楽しい感覚を提供してくれるワインは、確かに革新的かもしれません。

Licensed material used with permission by Rebel Coast Winery

関連する記事

ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
ワインの樽のなかに泊まれる「Airbnb」のリスティングを紹介。
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ナチュラルワインって、なんですか?
日本でも珍しい巨峰を使ったワイン。「ベラ・リッジ・エステート 巨峰」のご紹介。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
オンライン上で、ワインのプロが自分にぴったりのワインをセレクトしてくれるソムリエサービス「Pocket Sommelier」に新機能が追加。ワインのプロた...
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
山梨大学ワイン科学研究センターと株式会社中村商事による共同開発で誕生した「乳酸菌発酵ワインパミス飲料」。