なぜ、女性はワインにハマるのか?Facebook70万シェア、米女性ライターの個性的な主張

ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を、20代女性らしくコミカルに表現しています。

もちろん異論もあるにはあるんだけど…読めば不思議な納得感も。「Elite Daily」ですでに73万人がシェアをした、ワイン女子の独白です。

shutterstock_192931598


女性とワインの関係って、世界で一番親密で楽しい組み合わせだと思いませんか?オシャレな雰囲気と強い絆で結ばれた、信頼できるのパートナーみたいなもの。ハッピーな時は一緒にお祝いしてくれるし、辛い時は慰めてもくれる。これが女子がワインを好きな一番の理由。どんなときにもやっぱり、女性にはワインが良き理解者となるんです。
例えば、会社で惨めな思いをして疲れ切っているときも、昇進のお祝いをしたいときも、1日の終わりにすることは決まってます。そう、新しいワインボトルのコルクを開けること!

01.
グラスとの相乗効果もあり
上品な気分に浸れる

shutterstock_227595148 ジャージに着替えてベッドに座っていたとしても、ワイングラスを手に取れば、ちょっと上品な気分になります。ショットグラスにテキーラでお祝いもいいけど、上品さを考えるとやっぱり、ワインですよね。

02.
数ある酒類のなかでも
「健康にいい」イメージ!?

フルーツでできているんだから、多少飲み過ぎたって大丈夫なはず…。

03.
その味わいの前には
歯の色なんて・・・

真っ白な歯が赤ワインで染められて暗くなっていくることに、気がつかないこともありますが。

04.
セクシーな気分で酔える

shutterstock_237003712 (1)

そう見えないかもしれないけど、とにかく気分はセクシー。男性からどう見られるか、どう思われるかよりも、どれだけ自分たちが楽しめているかの方が大事。

05.
ビールと比べると
お腹にたまる感覚が少ない

ビールみたいにお腹がパンパンに膨れるようなこともない。だから、料理だって進む。これがワインを選ぶ理由でもあります。

06.
バーテンダーが注文を
間違えることがない!

ミスするとしたら、十分に注がないということくらい。

07.
ウンチクなんて必要なし
「ワイン」ってだけで、知的!

shutterstock_255270844 (1)

ワインの渋みを表わす「タンニン」とか、単一品種で作られたワインをラベルに表記する「ヴァラエタル」。そんな言葉、よく分からなくたって問題なし。「私はリースリング派」なんて具合に、どれか1種類でも自分のお気に入りの品種さえあればOK。正直、それだけで十分だったり。

08.
チーズを味わうのに
最高の言い訳ができる

「飲みたいから飲む!」という以外に理由が欲しい時は、チーズとのマリアージュ(相性)を楽しみたいから、というのがおすすめ。チーズとワインの相性は言うまでもありませんよね。思い描いた上品な女性になれるはず。

09.
機内で飲んでいても
誰もヘンな目で見てこない

フライト中は、ストレスが溜まることをみんなが理解しています。だから機内でアルコールが提供されるんでしょ。だからってテキーラをガブ飲みしてたら、ビックリされるけど、ワインだったら誰からも批判はされません。

10.
両親の前で飲んでも安心

shutterstock_140728459

正直、お酒を飲むのをちょっとためらう両親の前でも、ワインなら大丈夫。アル中じゃないかと心配されることはないのが、ワインのいいところ。

11.
ひとりでボトルを空けても
白い目で見られない

それどころか、アメリカではそれが推奨されていたり?じゃなきゃ、「2本で1本分(Buy 1 Get 1 Free)」なんて価格設定がありますか?

12.
グラス一杯の赤ワインは
ジム1時間と同じ!

これ、科学でも証明されているんですよ。グラス1杯の赤ワインで心肺機能や筋力が向上して、ジムで1時間汗を流すのと同じ効果があるんだそう。

13.
アイスとして
食べることもできる shutterstock_128060564

信じられないと思うなら、ここを見てみてください。ワインは料理だけじゃなく、デザートとしても楽しめる。女性を虜にするお酒。

14.
天気が悪い日に
家に閉じこもる最適な友

暑かろうが寒かろうが、土砂降りな日だって、少なくともワイン1本あれば、ひとり家で過ごしていたって孤独ではありません。でも、一人で飲むのは楽しくない。それがたまにきず。

15.
友だちを誘う
一番のキッカケになる

女子会ならワインは各自1本ずつ。誰が真っ先に空けられるかな?

16.
正直、値段とか関係ない!
ワインってだけでいい気分

shutterstock_223908631

ワインを飲むときの目的は2つ。「ぐっすり眠る」か「酔っぱらう」こと。ハッキリ言って、値段なんてどうでもいいんです。この目的を達成してさえくれれば。

17.
ワイン片手のおしゃべりは
他のアルコールには代えられない

ウォッカやテキーラを飲みすぎたら、誰だってろれつが回らなくなって、何を言ってるか理解不能。でもワインなら、気持ちよく思っていることを話せます。途中までは…。

18.
ボトルを運んでいるだけでも
結構、いい運動になる

私にとってはこれで、十分なエクササイズなんです。

19.
食べ過ぎよりも
ワインの飲み過ぎのほうが楽

shutterstock_266271875 (1)

女性は食べ過ぎると疲労が出てきて次第に気分が悪くなってくるもの。それに比べて、ワインの飲みすぎは頭痛くらいなもの。そっちの方が、ずっと楽だと思うのは私だけ?

20.
ランチにグラス1、2杯
飲んでもバレない

そう思いません?

21.
処方箋なしで手に入る
最高のナイトキャップ

いつ寝てしまったのか、まったく覚えていないけれど、最高の睡眠が得られることは確かです。


Licensed material used with permission by Elite Daily

「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
スマートボールは人生そのもの。そんな風に教えてくれたのは、群馬県の四万温泉にいるふじこさん。スマートボール屋さん「柳屋」の名物オーナーです。レトロな空間で...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
ワインを頼むなら「毎回これ」と決めているあなた。単に「味が好き」という理由で手にとっているかもしれませんが、じつはあなたの性格を反映しているのかもしれませ...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...