子育てに悩んだ時に飲みたい「6種類のワイン」反抗期にはシャルドネ?

ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。
ここで紹介するのはLife as a Rambling Redhead」に掲載された記事。そのユニークな切り口から、多くの反響を呼んだ内容とは?

01.
おむつを替えるのに
疲れたら
“リースリング”

shutterstock_1567285946-wines-child150915-02

爽やかで甘く、酸味の少ない白ワインのリースリング。このワインは、赤ちゃんが生まれたばかりのパパ、ママにオススメです。というのも、その芳醇なリンゴの香りにリラックスできるから。
赤ちゃんが眠った後に、ひと時の幸せを感じましょう。

02.
反抗期の子どもに
手を焼いているなら
“シャルドネ”

反抗期の子どもはとくに大変。親に対して平気でキツイ言葉を浴びせてきます。例えば「最低の両親ね」とか「どうして○○のお母さんみたいにできないの?」とか。そういう時期といえば、それまでですが、親だって落ち込んでしまうことも…。
そんな時に飲んで欲しいのがシャルドネです。メロンのような甘い香りとクリーミーな味わい。きっと癒されるはずですよ。

03.
子どもの面倒で
ストレスが溜まったら
“ソーヴィニヨン・ブラン” shutterstock_125299415 (1)のコピー

オモチャを片付けたり、泣くのをあやしたり。小さな子どもの面倒を丸1日みることは並大抵のことではありません。どんなに可愛い子どもでも、ストレスが溜まるものです。
そんな時は、ソーヴィニヨン・ブランを1杯と言わず2杯飲むのはどうでしょう? 土っぽい味わいと、爽やかな芝の香りのする白ワインなら、顔にオモチャをぶつけられたことだって忘れさせてくれますよ。

04.
兄弟姉妹を持つ親なら
“メルロー”

一人っ子でも大変なのに、兄弟姉妹がいたら…。ケンカの仲裁などで、クタクタに疲れてしまうことも。そんな夜のために、用意しておきたいのが、軽い口当たりのメルローです。
疲れが溜まっていても、癖の少ない飲み口のメルローなら、さっぱりと楽しめるはずです。

05.
予期せぬ出来事の
憂さ晴らしに…
“ピノ・ノワール”

shutterstock_910621616-wines-child150915-01

例えば、もしもアナタの子どもが免許を取り立てで、事故を起こしたら。しかも、事故の相手がアナタの愛車だったら…。そんなやり場のない怒りを抱えた夜には、憂さ晴らしにうってつけのワインを。
ピノ・ノワールは
甘くて爽やかな味わいが特徴。そもそもイライラしている時に、辛口のワインを飲みたい人なんていませんよね。すでに辛い思いをしているんですから。

06.
毎日の家事に理由もなく、
ウンザリしてしまったら
“カベルネ・ソーヴィニヨン”

オモチャの後片付けや、生ゴミの処理…そんな日常のアレコレに疲れたら、迷わずカベルネ・ソーヴィニヨンを選んでみてください。
芳醇なこのワインを一口含んだ瞬間、王様になったような気分を味わえるはずです。ステーキとお気に入りのワイングラスをセットすれば、日常を忘れて、極上の時間を楽しめるに違いありません。

ここで紹介したワイン選びに共通するメッセージ。それは「子育てに疲れた夜には、パートナーと一緒にワインを飲んでみては?」ということ。是非試してみてくださいね。

Licensed material used with permission by Life as a Rambling Redhead

千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
東京・赤坂にあるレストランCROSS TOKYOにて先日行われたイベント、「ノムリエの会 meets 一関」。一流スタッフにより振る舞われる岩手県一関市の...