子育てに悩んだ時に飲みたい「6種類のワイン」反抗期にはシャルドネ?

ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。
ここで紹介するのはLife as a Rambling Redhead」に掲載された記事。そのユニークな切り口から、多くの反響を呼んだ内容とは?

01.
おむつを替えるのに
疲れたら
“リースリング”

shutterstock_1567285946-wines-child150915-02

爽やかで甘く、酸味の少ない白ワインのリースリング。このワインは、赤ちゃんが生まれたばかりのパパ、ママにオススメです。というのも、その芳醇なリンゴの香りにリラックスできるから。
赤ちゃんが眠った後に、ひと時の幸せを感じましょう。

02.
反抗期の子どもに
手を焼いているなら
“シャルドネ”

反抗期の子どもはとくに大変。親に対して平気でキツイ言葉を浴びせてきます。例えば「最低の両親ね」とか「どうして○○のお母さんみたいにできないの?」とか。そういう時期といえば、それまでですが、親だって落ち込んでしまうことも…。
そんな時に飲んで欲しいのがシャルドネです。メロンのような甘い香りとクリーミーな味わい。きっと癒されるはずですよ。

03.
子どもの面倒で
ストレスが溜まったら
“ソーヴィニヨン・ブラン” shutterstock_125299415 (1)のコピー

オモチャを片付けたり、泣くのをあやしたり。小さな子どもの面倒を丸1日みることは並大抵のことではありません。どんなに可愛い子どもでも、ストレスが溜まるものです。
そんな時は、ソーヴィニヨン・ブランを1杯と言わず2杯飲むのはどうでしょう? 土っぽい味わいと、爽やかな芝の香りのする白ワインなら、顔にオモチャをぶつけられたことだって忘れさせてくれますよ。

04.
兄弟姉妹を持つ親なら
“メルロー”

一人っ子でも大変なのに、兄弟姉妹がいたら…。ケンカの仲裁などで、クタクタに疲れてしまうことも。そんな夜のために、用意しておきたいのが、軽い口当たりのメルローです。
疲れが溜まっていても、癖の少ない飲み口のメルローなら、さっぱりと楽しめるはずです。

05.
予期せぬ出来事の
憂さ晴らしに…
“ピノ・ノワール”

shutterstock_910621616-wines-child150915-01

例えば、もしもアナタの子どもが免許を取り立てで、事故を起こしたら。しかも、事故の相手がアナタの愛車だったら…。そんなやり場のない怒りを抱えた夜には、憂さ晴らしにうってつけのワインを。
ピノ・ノワールは
甘くて爽やかな味わいが特徴。そもそもイライラしている時に、辛口のワインを飲みたい人なんていませんよね。すでに辛い思いをしているんですから。

06.
毎日の家事に理由もなく、
ウンザリしてしまったら
“カベルネ・ソーヴィニヨン”

オモチャの後片付けや、生ゴミの処理…そんな日常のアレコレに疲れたら、迷わずカベルネ・ソーヴィニヨンを選んでみてください。
芳醇なこのワインを一口含んだ瞬間、王様になったような気分を味わえるはずです。ステーキとお気に入りのワイングラスをセットすれば、日常を忘れて、極上の時間を楽しめるに違いありません。

ここで紹介したワイン選びに共通するメッセージ。それは「子育てに疲れた夜には、パートナーと一緒にワインを飲んでみては?」ということ。是非試してみてくださいね。

Licensed material used with permission by Life as a Rambling Redhead

まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...