夏、爽やかにハジけられる1本

この辛口白ワイン「カザル・ガルシア ヴィーニョ・ヴェルデ」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。

1939年誕生とワインの世界では若い新参者の「カザル・ガルシア」ですが、世界70カ国以上で愛されるヴィーニョ・ヴェルデの代名詞的世界No.1ブランド。
1,000円台のお値段ながら、味と質はその人気が保証してくれます。

「ヴィーニョ・ヴェルデ」とは緑のワインという意味で、ライムジュースのような淡くクリアなグリーンの色調。味もそれらしく、そよ風のような爽やかで清々しい1本。
口に含むと爽やかな微発泡が感じられ、新鮮な果実味を引き立てています。

オリーヴオイルを使った料理やレモンソースのシーフード料理、チーズを使ったサラダなどにもピッタリ。すしや天ぷらといった日本料理にも相性がいい幅広さ。
さすが、大航海時代にリスボンから世界中を巡ったお国柄ってところでしょうか。世界中の料理となんでも合ってしまう。

それに、軽やかでフレッシュな余韻も印象的。
8度から10度くらいに冷蔵庫でよく冷やすことで、ハジけるような爽快感が一層楽しめます。

冷たくて旨い、それでいて爽やかっていう、昼間っから太陽を浴びて飲んでもいい、夏にピッタリの辛口白ワイン。
便利なスクリューキャップだし、栓抜きも必要なく夏の海や山の行楽先でも大活躍はしてくれるはず。

夏はどこへ行くにも何をするにもハジけたい! って気分なら、この1本どーでしょう?

5387404206669824
©2018 TABILABO

カザル・ガルシア ヴィーニョ・ヴェルデ

■産地:ポルトガル
■ぶどう:アリント、ローレイロ、トラジャドゥラ
■色:白
■風味・味わい:辛口
■実勢価格:750ml  1,077円〜

楽しい嬉しい喜ばれる
🍷🌏🍾新世界ワイン🍷🌏🍾
他にも探してみましょ!

Top image: © 2018 TABILABO
コレを選べば、<br>楽しい嬉しい褒められる。
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
ボクをおウチに連れてって!とでも言いたげなワンコの顔イラストが愛らしいエチケットのチリ産赤ワイン「ペリート・カベルネ・ソーヴィニヨン」。価格もワンコインの...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
スイスにはマッシュルームをお出汁にしてしゃぶしゃぶの要領で食べるスタイルのフォンデュ(フォンデュ・シノワーズ)があります。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
独断と偏見でピックアップしました。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「絶対ダメだよ、押すなよ」って言われても押してしまう心くすぐるエチケットデザインの「ボデガス・アントニオ・カンデラ パニックボタン」。いい意味でパニックが...
ペットを可愛がっている実家のおじいちゃん、おばあちゃんへのお土産に……なんていうのも、ちょっと素敵なプレゼントになる。そんな、お値段以上に「幸せ」を運んで...
特別な日の夕食を格上げにも、自分へのご褒美にもほどよいお値段のニュージーランド産・赤ワインに、翼を授けてもらうってのはいかがでしょう?
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
8月14日にBud Lightは、Cleveland Brownsが2018年シーズンで初勝利をあげた時にファンたちにタダでビールをふるまうために、特別な...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...