夏、爽やかにハジけられる1本

この辛口白ワイン「カザル・ガルシア ヴィーニョ・ヴェルデ」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。

1939年誕生とワインの世界では若い新参者の「カザル・ガルシア」ですが、世界70カ国以上で愛されるヴィーニョ・ヴェルデの代名詞的世界No.1ブランド。
1,000円台のお値段ながら、味と質はその人気が保証してくれます。

「ヴィーニョ・ヴェルデ」とは緑のワインという意味で、ライムジュースのような淡くクリアなグリーンの色調。味もそれらしく、そよ風のような爽やかで清々しい1本。
口に含むと爽やかな微発泡が感じられ、新鮮な果実味を引き立てています。

オリーヴオイルを使った料理やレモンソースのシーフード料理、チーズを使ったサラダなどにもピッタリ。すしや天ぷらといった日本料理にも相性がいい幅広さ。
さすが、大航海時代にリスボンから世界中を巡ったお国柄ってところでしょうか。世界中の料理となんでも合ってしまう。

それに、軽やかでフレッシュな余韻も印象的。
8度から10度くらいに冷蔵庫でよく冷やすことで、ハジけるような爽快感が一層楽しめます。

冷たくて旨い、それでいて爽やかっていう、昼間っから太陽を浴びて飲んでもいい、夏にピッタリの辛口白ワイン。
便利なスクリューキャップだし、栓抜きも必要なく夏の海や山の行楽先でも大活躍はしてくれるはず。

夏はどこへ行くにも何をするにもハジけたい! って気分なら、この1本どーでしょう?

©2018 TABI LABO

カザル・ガルシア ヴィーニョ・ヴェルデ

■産地:ポルトガル
■ぶどう:アリント、ローレイロ、トラジャドゥラ
■色:白
■風味・味わい:辛口
■実勢価格:750ml  1,077円〜

Top image: © 2018 TABI LABO
「新世界ワイン」まとめ