「ワインの染み」がつかない白シャツなんてあるのか!?

まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日々のシャツが微妙に違っていることに気づくようになっていた。

同じ白に思えるけど、よく見れば一枚ごとにテキスタイルも、パターンも、カラー(ここでは襟のほう)も、ひとつとして同じものがなくて、それは当然ながら本人は意識的に揃えている訳で。「あれ、また今日も白シャツだ」とは決して他人に言わせない強い個性を感じ、ファッションアイコンとしてのあこがれも抱いたっけ。

それでその編集者にならって、今でも白シャツを選ぶときだけは、カブりを避けるようにしている。そもそも、まったく同じタイプを複数枚抑えておくっていうのもナシだ。

さて、厄介なことに世の中には白シャツの“天敵”がごまんとある。赤ワイン、コーヒー、カレー、トマトソース…と挙げればキリがないほど、シミや汚れとはつねに戦っていかなければいけないんだけれど、うまくその天敵たちとつき合っていけそうな白シャツがあった。

それが、ニュージェネレーションシャツ「LABFRESH」だ。

形状記憶も抗菌消臭もOK
さらに、ワイン染みが付かない!

アムステルダムのスタートアップ企業がつくるこのシャツは、一枚119ユーロ(約1万4,500円)と手ごろな価格。仕立てがとくだん良質な訳じゃないが、世に言うところの形状記憶シャツであり、抗菌消臭シャツでもある(こう考えれば高くない)。洗濯機でジャブジャブ洗えもするらしく、マルチなニーズを叶えてくれるようだが、そこは上の説明書きを見てもらえればじゅうぶん。

ここで特筆したいのは1点のみ。このLABFRESHこそが、例の天敵に打ち勝つ唯一の白シャツだっていうこと。

こぼした赤ワインが
胸元にポタリ。

水枯れの大地に雨水が浸透していくように、えんじ色のシミがシャツの繊維の奥へと走る。あの刹那、机の角に足の指をぶつけたときのような、誰にも当たれないいらだちを覚えるのは、ぼくだけではないはずだ。で、こうなるともう事はスピード勝負で、濡らしたタオルでひたすらトントンしたり、付け焼き刃の応急処置でどうにかする他ないわけで(ちなみに、その編集者はこういうところにも細かい)。

ところが、LABFRESHは違う。

まあ、こんなシチュエーションはそうそうありえないけれど、大げさにいえば、つまりはこういうこと。こぼしたはずのワインが、するするとシャツの上を滑り落ちていく。にわかに信じがたい?でも、これが真実。疑う人は動画で実際にチェックしてみてほしい。

水も油も滑り落ちる
「新世代」の生地

何をもって、彼らが“ニュージェネレーション”を公言しているかの答えがこれだ。LABFRESHは、コットンに2%のエラスタン(ポリウレタン系の化学繊維)を含んだ繊維でできている。この独自技術が、水や油、細菌すらもはじいてしまう生地の秘密だった。さらに言うと通気性の良さもウリらしく、汗ジミなんかも気にならないという。ここまでくると、さすがにスゴい!と認めるしかない。

当然ながら新世代シャツの注目度は激高で、クラウドファウンディングでも潤沢な出資金をゲット。今後、カラーやカフスのバリエーションもどんどん増やす予定だという。もうあと数日ではあるが、Kickstarter経由だと2,000円ほど安く予約購入も可能。

ところで、ぼくに“白シャツ道”を教えてくれたあの編集者とは、もうほとんど顔を合わせることはない。このシャツを紹介したところで「そういうことじゃないんだよなぁ」、なんて原稿を突っ返すときの口癖で言うに違いない。でも、なんだか久々にそういうのも悪くないかも。ワードローブに白シャツは何枚あってもいい、とようやくぼくも思えるようになったし。

Licensed material used with permission by Lotte Vink & Kasper Brandi Petersen
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
ドイツの200年以上歴史をもつ醸造所と、歴史は浅いけどアメリカで新世界ワインの開拓者として活躍を続けてきたワイナリーのコラボブランドがつくった白ワイン。そ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
シンプルなアイデアですが、予想以上の人気っぷりで、クリスマスまでのストックが既になくなっているこちらのチョコレート。ホットミルクの中に入れると、中から出て...
小さなお子さんが遊んでいて、または自分の手がすべって…。事情はどうであれ、ボールペンのインクが白シャツに付いて悲しい思いをした経験、一度くらいはありません...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
イスラエル北部のゴラン高原にの白ワイン「ガムラ・リースリング」。最先端を行く科学技術と伝統的な醸造法を組み合わせることで、国際的な評価の高い白ワイン。焼き...
この夏を爽快にする白ワイン「KWV クラシック・コレクション シュナン・ブラン」。1,000円もしないのに、エチケットのデザインや美しいオリーブ色の液体に...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
11/22表参道にオープンした日本初となるラルフローレンのカフェ。なかでもイチ押しはこのブラウニーです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
テレビや冷蔵庫、炊飯器など、特に家電に目立つのが、機能が多すぎて結局ほとんど使わないっていうオチ。それなのに最新テクノロジーが満載だったりするから、価格は...
自然農法による高級品種のぶどうを使った1本は、驚きのアンダー1,000円。
さすが欧州No.1のオーガニック大国と思わせる心地よさ抜群の白ワイン。ピュアでナチュラルな味わいをぜひ試してほしい1本。