短い立ち襟の「バンドカラーシャツ」が生まれた理由

さらっと羽織るだけでスマートな草食系男子風のファッションが楽しめる「バンドカラーシャツ」

一般的なシャツとは異なる短い立ち襟が特徴であることから「スタンドカラーシャツ」とも呼ばれるこのアイテム、じつは、ある主婦の“生活の知恵”が込められたアイデア商品だったのです──。

18世紀中盤から19世紀にかけて、繊維、鉄鋼、機械などの分野でイギリスを中心に世界的な広がりをみせた「産業革命」は、主に石炭をエネルギー源にしていました。工場が隣接する都市部は煙や煤(すす)に覆われ、大気汚染によって死者まで出る始末。

“白い無地のドレスシャツ”がもっともエレガントとされていた時代に、そんな環境の屋外に洗濯物など干せるはずもなく、ヨーロッパの上流階級の人たちは、わざわざ空気のきれいな田舎にシャツを送って洗濯から乾燥までをおこなっていたのですが、一般の市民は石炭の煙と煤でいぶされた衣服を我慢して着るしかありませんでした。

ヨーロッパだけでなく、アメリカ・ニューヨークでも同じような事態が起こっていたのですが、ハンナ・モンターニュというひとりの主婦がこんなことを思いつきます。

「ボディ(身頃)は仕方ないにしても、人目につく襟の部分だけでも白く保てないものかしら……そうだ! 襟を取り外して洗えるようにすればいいんだわ!」

そんなアイデアから誕生したのが「デタッチャブルカラー」と呼ばれる、襟だけが取り外せるシャツであり、いつしか襟をつけずに着られるようになったものがバンドカラーシャツやスタンドカラーシャツとして現代に受け継がれているのです。

ちなみに、ボディと襟の色が違う「クレリックシャツ」も、デタッチャブルカラーのシャツに白色の襟と袖をつけて着たことがきっかけで生まれたモデルといわれています。

もしハンナ・モンターニュが現代の人なら「アイデア商品が大ヒット! 年収◯◯億円のカリスマ主婦」なんてワイドショーで特集されていたかもしれませんね(笑)

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO

関連する記事

スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...