短い立ち襟の「バンドカラーシャツ」が生まれた理由

さらっと羽織るだけでスマートな草食系男子風のファッションが楽しめる「バンドカラーシャツ」

一般的なシャツとは異なる短い立ち襟が特徴であることから「スタンドカラーシャツ」とも呼ばれるこのアイテム、じつは、ある主婦の“生活の知恵”が込められたアイデア商品だったのです──。

18世紀中盤から19世紀にかけて、繊維、鉄鋼、機械などの分野でイギリスを中心に世界的な広がりをみせた「産業革命」は、主に石炭をエネルギー源にしていました。工場が隣接する都市部は煙や煤(すす)に覆われ、大気汚染によって死者まで出る始末。

“白い無地のドレスシャツ”がもっともエレガントとされていた時代に、そんな環境の屋外に洗濯物など干せるはずもなく、ヨーロッパの上流階級の人たちは、わざわざ空気のきれいな田舎にシャツを送って洗濯から乾燥までをおこなっていたのですが、一般の市民は石炭の煙と煤でいぶされた衣服を我慢して着るしかありませんでした。

ヨーロッパだけでなく、アメリカ・ニューヨークでも同じような事態が起こっていたのですが、ハンナ・モンターニュというひとりの主婦がこんなことを思いつきます。

「ボディ(身頃)は仕方ないにしても、人目につく襟の部分だけでも白く保てないものかしら……そうだ! 襟を取り外して洗えるようにすればいいんだわ!」

そんなアイデアから誕生したのが「デタッチャブルカラー」と呼ばれる、襟だけが取り外せるシャツであり、いつしか襟をつけずに着られるようになったものがバンドカラーシャツやスタンドカラーシャツとして現代に受け継がれているのです。

ちなみに、ボディと襟の色が違う「クレリックシャツ」も、デタッチャブルカラーのシャツに白色の襟と袖をつけて着たことがきっかけで生まれたモデルといわれています。

もしハンナ・モンターニュが現代の人なら「アイデア商品が大ヒット! 年収◯◯億円のカリスマ主婦」なんてワイドショーで特集されていたかもしれませんね(笑)

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところもイイ!
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
11/22表参道にオープンした日本初となるラルフローレンのカフェ。なかでもイチ押しはこのブラウニーです。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
アメカジの定番アイテム「ペインターパンツ」の謎を解き明かす!
カジュアルアイテムの大定番・ジーンズが「青い理由」について迫ります
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...
2020年の東京オリンピック・パラリンピックが近づき、ますます注目度を上げている「BMX」。そんなBMXのブレーキレバーにまつわる疑問にお答えします。
カンヌ映画祭2009・特別名誉賞、ベルリン国際映画祭2010・特別奨励賞、サンダンス映画祭2010・国際短編映画制作審査員賞という華々しい受賞歴を誇るショ...
Amazonや楽天で実勢価格200円ぐらいで手に入るゴムですが、コイツがかなり使えます。ペンやケーブルをまとめたり、ブックバンドにしたり、弁当箱をとめたり...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。