フェルメールの青と同じ染料の「シャツ」

『ビー!』でも、何度も紹介してきた〈THE(ザ)〉。名前の通り世の中に新たな定番を生み出すというコンセプトのブランドの新作シャツがこの「THE SHIRTS Botanical dye」だ。

このシャツの魅力は色にある。

採用されている染料の主成分はラピスラズリ。これはフェルメールの代表作『真珠の耳飾りの少女』の、ターバンのブルーに使われた色の原料として知られる鉱石だ。

その上で、僕が感動したのは、いかにも“コレ、染めにこだわってます”的な仕上がりじゃないところ。こういう背景があったら、なんらかの青を引き立たせるギミックみたいなものを入れると思うんだけど、あくまでスタンダードなシャツに徹してる。ゆえにどんなファッションにも馴染むし、デイリーに着回せる。

心の中で、“それにしてもいい色だな〜”と思いながら、フツーに着こなして。で、時々周囲の人から、“いい色ですね”とか言われて、うれしくなる感じ……文字にするとちょっと嫌らしいか。

でも、本当にそういう楽しみがあるシャツだと思う。

そのほかの素材や仕立て、縫製に関するこだわりもハンパじゃないんだけど、そちらは公式ページに詳しく載っているので、購入したい人や興味がある人はチェックしてみて。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
福岡のソウルフード「マルタイラーメン」を全国に広めるべく、若手社員5名が商品開発に挑戦。インテリアとしても素敵なBOOK型のラーメンが誕生した。博多とんこ...
タックインして、アイロンをかけてもカッコイイですが、ざっくり着て様になる「THE SHIRTS」。素材の良さ、着丈がちょっと短いところなど、計算され尽くし...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
オーダースーツECサービス「FABRIC TOKYO」が店舗にいかずオーダースーツ、シャツを新規購入できるサービス「家から採寸」と「ビデオ無料相談サービス...
2020年11月28日(土)から来月27日(日)までの期間限定カフェ「FENDI CAFFE by ANNIVERSAIRE」が東京・表参道にオープン。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
廃棄予定の野菜や食材を染料として活用するプロジェクト「FOOD TEXTILE」とアパレルブランド「Lily Brown」のコラボ商品が12月中旬から順次...
シャツやカットソーの胸元のワンポイント刺繍で、着ている人の趣味趣向がなんとなくは分かるもの。それがこのシャツの場合は、あるものへの偏愛ぶりが一発で分かりま...
「アシックス」は野球の投球フォームを解析できる「投球動作解析e-skinシャツ」をスマートアパレル「e-skin」を展開する「Xenoma(ゼノマ)」と共...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。