「アシックス」がピッチャー必見の「フォーム解析シャツ」を共同開発

「アシックス」は、野球の投球フォームを解析できる「投球動作解析e-skinシャツ」をスマートアパレル「e-skin」を展開する「Xenoma(ゼノマ)」と共同開発した。

この製品は、着用してボールを投げるだけでフォームの計測ができるという優れもの。身体が開くスピードや胸の張り方など、見た目や映像では判断が難しい投球動作を瞬時に解析できるというのが最大の特徴だ。

従来の解析では難易度が高かったことが、スポーツ工学研究所などを有するアシックスの豊富な知見を活用することによって可能に。計測で取得したデータから、指導現場で用いられるような具体的な表現にまで落とし込んだ解析をおこなえるようになった。

身体や関節の動きを計測する「モーションセンサー」や「ストレッチセンサー」などを搭載しながらも、着心地のよさと高い洗濯耐久性を兼備している点もユーザーにとっては高ポイント。

2020年からは同社が提供するベースボール能力測定プログラム「ASICS BASEBALL LAB.」で導入予定だという。

まだ一般販売は予定されていないが、いずれ商品化されるとなればプレイヤーにとっては心強い味方となるだろう。

©2019 アシックス
Top image: © 2019 アシックス
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スポーツ用品大手の「アシックス」は、世界中の直営店で使用されている「プラスチック製ショッピングバッグ」を廃止すると発表。2020年から順次、紙製バッグへと...
11月1日、「アシックス」の低酸素トレーニングジム「Sports Complex」が豊洲にオープン。
「アシックス」が建築家の隈研吾氏とコラボレーション。
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
羽織るだけでおしゃれなスタイリングが完成する「バンドカラーシャツ」「スタンドカラーシャツ」の誕生の秘密!
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
意外と知られていない、「シャツのボタン」のアレコレ。シルエットや縫製だけではない、新たなシャツ選びの基準。
きっと誰もが一着はもっている「シャツ」に関する素朴な疑問にお答えします。
スポーツウエアでありながらファッションアイテムとしても人気の「ラガーシャツ」のディテールに込められた「紳士の心遣い」とは?
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
本日、2月の最終水曜日は“ピンクシャツ”を着用して“いじめ反対運動”を行う『ピンクシャツデー』。2007年に1つの学校からカナダ人学生2人によって始まった...
マグカップをそのまま大きくしたようなホーローのピッチャーは、〈AXCIS(アクシス)〉のもの。
ロシア・モスクワ郊外Rublyovo-Arkhangelskoyeというエリアで、壮大なスマートシティプロジェクトが進められるようです。このコンペに勝利し...
秋から冬にかけての「寒暖差」が大きくなる季節には「資生堂」と「日本気象協会」が共同開発した「寒暖差肌荒れ指数」のチェックがおすすめだ。2019年9月26日...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
モヤモヤやイライラする気持ちを優しくサポートしてくれるサプリメントが、「UHA味覚糖」と「京都大学」の共同開発によって誕生。
老舗インポートセレクトショップ「MAINE」の店長・島倉氏による「ボタンダウンシャツを選ぶ際のポイント」とは?
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカのトラッドスタイルに欠かすことにできない「ボタンダウンシャツ」。襟元に小さなボタンがある理由と米大統領ジョン・F・ケネディのこだわりとは?
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...