本日、豊洲にオープン!「アシックス」の世界最大級「低酸素トレーニングジム」

本日11月1日、「アシックス」の低酸素環境下トレーニングジム「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」が豊洲にオープンする。

言わずもがなだが、酸素が薄くなるほどトレーニングの密度は濃くなる。トップアスリートが高地トレーニングをするのもそのためで、体内に酸素を運ぶ心臓のポンプ機能が強化され、持久力の向上が見込めるのだ。

「ASICS Sports Complex TOKYO BAY」では、これまでは標高約2,000m以上の土地でしかできなかったアスリートレベルのトレーニングを東京で実現。より短時間で効果的に鍛えられるという。

忙しい現代人には、まさに打ってつけ。アスリートマインドをもつ上級者はもちろん、生活習慣病などを予防したいという人も力強くサポートしてくれるはずだ。

低酸素環境で約3,000㎡のトレーニングエリアは世界最大級(※)の広さ。プールやスタジオ、ランニングレーンなども備えており、全身持久力やスプリント能力など、さまざまなスポーツの土台となるフィジカルの向上が期待できる。

低酸素トレーニングジムは数あれど、この規模かつアシックスがプロデュースしている点に注目したい。

ゆりかもめ「市場前駅」より徒歩2分。

(※)都市型低酸素環境下トレーニング施設として、2019年8月時点、アシックス調べ

©2019 ASICS Sports Complex
©2019 ASICS Sports Complex
©2019 ASICS Sports Complex
©2019 ASICS Sports Complex
©2019 ASICS Sports Complex
©2019 ASICS Sports Complex
Top image: © 2019 ASICS Sports Complex
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事