本日オープンのイスタンブール新空港。最大のポイントは「ラウンジ」だ!

本日10月29日は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。

とはいえ、この“新空港開港プロジェクト”はまだ完成しておらず、これまでのハブ空港「アタチュルク国際空港」からの機能移管も完了していません。

ただし、です。

完成したあかつきには、東京ドーム1,636個ぶんに相当する総面積7650万平方メートルの超巨大空港が誕生することに!じつに、成田空港の8倍。年間利用者は2億人を見込んでいます。

これだけのメガエアポートともなると、当然見所は多いわけですが、ここでは「ラウンジ」に焦点を当てます。例に漏れず、とんでもなく規格外!

「世界一のラウンジ」が
もっとスゴくなるらしい!

© İGA Havalimanı İşletmesi A.Ş. / YouTube

大前提として、まずお伝えしておきます。

これまで活躍してきたアタチュルク国際空港の「ラウンジイスタンブール」は、世界一広くて豪華と言われるほど評価が高いビジネスクラスラウンジです。

2階建て(この時点でオカシイ)で、広さは5,900平方メートル。ラウンジ内で本気で迷います。プライベートリラクゼーションルームやシャワールーム、マッサージ、ゴルフシミュレーター、ビリヤード台だってあります。空港の一角にあることを忘れてしまうほどの充実ぶり。

が、しかし。

新空港に設けられるラウンジの広さは、その4倍近くとなる22,000平方メートル!ただでさえスゴイのに、さらにスゴくなるんです。もう想像がつきません(笑)。

なにぶん本日オープンなもので、まだ新空港の写真がないのですが……参考までに「ラウンジイスタンブール」の写真を載せておきます。

「これよりもスゴイのか……」って視点で見てほしい!

© yunsoo_oh / Instagram
© ballylovescupcake / Instagram
© turkishairlines / Instagram

本日からは一部の便だけが運航開始。日本発着のターキッシュエアラインズは、しばらくの間、アタチュルク国際空港での運航を継続するそうです。近々イスタンブールへ行く予定のある人は、自分がどちらの空港を利用することになるのかを確認のうえ、間違えないようご注意を!

ちなみに、先の動画は新空港のイメージムービー。3:05に登場する珍しいデザインの航空管制塔は、トルコ国花であるチューリップがモチーフになっているそうですよ。

Top image: © iStock.com/xavierarnau
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
宿泊客同士のコミュニケーションを重視するソーシャルホテルのなかでも、アメリカ・マイアミに2ヵ所ある『Life House』のシステムはとくにおもしろいです。
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
老舗スキンケアブランド「キールズ」が、11月23日(金)〜12月2日(日)の期間限定でポップアップイベント「キールズ “GIVE JOY” バス」を開催。...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
空港ってなぜかワクワクする。そこにしかないお土産や食べ物などがあるから。「空弁」もその1つ。たくさんありすぎて、選ぶだけで迷っちゃう。海の幸づくしの王道も...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...