1本見送ってでも乗りたい、イスタンブールの旧型トラム。

旧市街、新市街、そしてアジア側と、広域にわたり点在するイスタンブールの観光スポットを効率よく回るのに、便利な交通手段がトラム(Tramvay)だ。現地に暮らす人々に溶け込むようにして、ゆっくり路面電車に揺られる。

小雪の舞い散る師走の街に旧型のトラム(通称ノスタルジック・トラム)が、ゴトガタ騒々しく過ぎていった。

高さは369mになる予定で、東京タワーより少し高いくらいです。見た目はとっても未来的。
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
アジアとヨーロッパ、ふたつの大陸にまたがる都市・イスタンブール。かつて、ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国と三代続いた大帝国の首都として、数多くの遺...
アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。実は車内に、「ワニのステッカー」が登場...
これは、人間が記憶を呼び覚ますときの「脳の動き」を表現したもの。
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
18年間愛される黒いチーズケーキが名物外苑前でワインとスイーツを楽しめるカフェesola the lab〒107-0062 東京都港区南青山3丁目3-21...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
男性同士の愛を貫いた2人の人間ドラマ『ブロークバック・マウンテン』が、2018年度の「アメリカ国立フィルム登録簿」に追加される作品の1つとして選定。アメリ...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
電車内のマナーを見直すように呼びかけるために「ラップ」を披露した、サンフランシスコとロサンゼルスの交通機関の公式Twitterアカウント。これがアメリカの...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
ときに図書館は意外な場所に出没する。パブのようなお酒を飲むお店や、トロリーバス、路面電車といった交通機関。さらには収容所やビーチにまで。他の目的として使う...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
地球上で最も暑い場所とも呼ばれている「サハラ砂漠」で、1月7日にまさかの雪が降り積もりました。これは過去40年で3度目の積雪。今年は、場所によって40cm...
自ら命を落とすのは人間に限ったことではないのかもしれない。先月トルコで80頭もの羊が崖から飛び降りる事件が起きていたのだ。トルコ国内での集団飛び降りは20...