通勤・通学時間をちょっぴりワクワクさせてくれる、電車内に登場した「ワニのステッカー」

アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。

実は車内に、「ワニのステッカー」が登場。しかも、乗客が窓の外を向いて、静かに頭を上下させているのです……。

超ローテクゲームの真っ最中!

トラム内。乗客の前方と窓のところに青いワニのステッカーが貼ってあります。

前方はゲームの遊び方を説明したもの。

実際にゲームに使うのは窓際のソレ。

通行人をパクッ!

片目を閉じて頭を上下させ、外を歩いている人をワニがうまく食べられればポイントゲット。プレイ時間はバス停2つ分だとか。

待てえ〜〜ガブリッ!

自転車のお兄さんも、狙いを定めて……ガブリッ!

「退屈な通勤・通学を
もっとワクワクする時間に」

このゲームは、インタラクティブアーティスト、HeadmadeのDaniel Disselkoen氏が開発したもの。ステッカーは、GVB(アムステルダム市営交通会社)の協力のもと、同市内のすべてのトラムに貼られているのだとか。

「旅行中に乗るトラムは楽しいけれど、通勤・通学となると暇な時間になりがち。アムステルダムのような魅力的な街であってもね。そこで通勤にちょっとした冒険の要素を加えようと思ったんだ」と、その背景について言及しています。確かに、まったく同じ路線の電車でも、どこかへ遊びに行く時と仕事に向かう時とでは、車窓の風景がまったく違って見えたりするもの。

でも、どれだけ退屈に見える日常でも、ほんの少しの工夫次第でワクワクしたものになる。楽しみは待つものではなく、自ら作り出すものなのかも。

Licensed material used with permission by Headmade
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
ファッション業界の課題解決を目的に活動する団体「Fashion for Good」が、オランダ・アムステルダムにインタラクティブな体験ができる博物館をつく...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
〈Michigan Ladder(ミシガン・ラダー)〉は、100年以上の歴史ある、アメリカ最古のはしごメーカーです。オールドアメリカンな佇まいが人気ですが...
パソコンの充電器とか、なぜか勝手に使われてたりするよね。しかも、1度や2度じゃないでしょ?でも、しょうがない。最近増えている「フリーアドレス」のオフィスな...
ソフトドラッグが合法化されているアムステルダムでの、このプロモーション企画はとってもcool。
運河が暮らしの一部になっているアムステルダムで、水に浮かぶ街が建設されています。
オランダ東部にあるトゥウェンテ大学。この大学の敷地内には、9階建ての建物の側面に30mものクライミングウォールがあります。グリップの数は2500個。オラン...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
オランダ・ティルブルフで1月にオープンした図書館「LocHall」の前身は、電車の駅です。使われなくなった場所からみんなの集まれる場所へとリノベーションさ...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
「YuGa」は「ケイエム観光バス」と「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画した通勤バス。豪華な設備の車内では...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...