通勤・通学時間をちょっぴりワクワクさせてくれる、電車内に登場した「ワニのステッカー」

アムステルダムといえば、ヨーロッパ有数のトラム網が整備された街。最近、そんな市民の足にある変化が起きているのだそう。

実は車内に、「ワニのステッカー」が登場。しかも、乗客が窓の外を向いて、静かに頭を上下させているのです……。

超ローテクゲームの真っ最中!

86ca83cac266f5c8c9ee0d47fa981ef07b663e68

トラム内。乗客の前方と窓のところに青いワニのステッカーが貼ってあります。

3d8b620b1d528333bb9f4a3bd6da7e441392bd30

前方はゲームの遊び方を説明したもの。

D254a52ff7fd3b0b0b3b05f37c8ceac816445aed

実際にゲームに使うのは窓際のソレ。

通行人をパクッ!

E978644e837ef132b1097e0ac2e2d80a23bbe6df

片目を閉じて頭を上下させ、外を歩いている人をワニがうまく食べられればポイントゲット。プレイ時間はバス停2つ分だとか。

待てえ〜〜ガブリッ!

D977ffa0d04a6a4783b8b1722f6c42e1c453eb3d

自転車のお兄さんも、狙いを定めて……ガブリッ!

「退屈な通勤・通学を
もっとワクワクする時間に」

Fb5aea4a6084f1123f15e9e8ecf9067732c9328c

このゲームは、インタラクティブアーティスト、HeadmadeのDaniel Disselkoen氏が開発したもの。ステッカーは、GVB(アムステルダム市営交通会社)の協力のもと、同市内のすべてのトラムに貼られているのだとか。

「旅行中に乗るトラムは楽しいけれど、通勤・通学となると暇な時間になりがち。アムステルダムのような魅力的な街であってもね。そこで通勤にちょっとした冒険の要素を加えようと思ったんだ」と、その背景について言及しています。確かに、まったく同じ路線の電車でも、どこかへ遊びに行く時と仕事に向かう時とでは、車窓の風景がまったく違って見えたりするもの。

でも、どれだけ退屈に見える日常でも、ほんの少しの工夫次第でワクワクしたものになる。楽しみは待つものではなく、自ら作り出すものなのかも。

Licensed material used with permission by Headmade
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
シンプルで機能的で、管理的な反面、どこか殺風景に映るケアホームが、ほんのちょっとのアイデアで表情豊かに生まれ変わる。オランダから始まり、欧州で注目されつつ...
「お気に入りの本を友だちにオススメしたいですか?」という質問に対して、先生も予想しなかっただろう答えを書いています。
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
アイロンプリントのノリで、手持ちのウェアをカスタマイズできる。
アムステルダムから南へ電車で約1時間、ブレダーという街にその元刑務所を舞台とした「Prison Escape」があります。週末を中心に定期的に開催される脱...
〈Michigan Ladder(ミシガン・ラダー)〉は、100年以上の歴史ある、アメリカ最古のはしごメーカーです。オールドアメリカンな佇まいが人気ですが...
パソコンの充電器とか、なぜか勝手に使われてたりするよね。しかも、1度や2度じゃないでしょ?でも、しょうがない。最近増えている「フリーアドレス」のオフィスな...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
ワニ。それは水辺の王者。地球上に登場してから現代に至るまで、およそ2億年前にもわたって水辺の生態系の頂点に君臨し続けている、恐るべきハンターです。噛む力は...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
夢の中の電車は、あなたの社会的な運勢、環境、人間関係を表します。電車は公共機関なので、示すものは仕事や会社、学校などあなたの社会的な関係や立場に関すること...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
2016年夏から2017年にかけて、オランダのフレヴォラント州にある自治体アルメーレ市に、100軒の家が建設される予定です。目的は自給自足できるコミュニテ...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
何かを咥える、勇ましいワニの姿―。これは動物園やサファリパークで楽しめる“お馴染みの光景”です。が、その舞台がゴルフ場となると話は別。こんなワニが池から登...