このアプリを使うと「自転車通勤手当」がもらえる!?

日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。

そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇される傾向にあるそう。さらに、そういった動きを後押しするアプリが「ByCycling」。

働く人たちへの「愛」が
詰まったアプリ 

Ac4f2f6f15eeba8d00a630279bfb0296fe223243

この「ByCycling」は、自転車通勤する人の走った距離と、それに応じた通勤手当を割り出してくれる、というアプリ。

使い方は簡単。アカウントを作ってGPSをオンにするだけ。あとは自転車に乗っている時のスピードを検知してくれるので、ボタンを押すなどの作業は必要ありません。そして、自動で通勤手当を割り出してくれるのです。

アプリ開発者のJose Diazさんはこう語ります。

「僕たちは、自転車通勤が運動にピッタリだと考えています。サイクリングは排気ガスも出ないし、最もコストがかからない交通手段のひとつです。このアプリがあれば、自転車通勤をする人が増えるでしょうし、生活リズムの改善を手助けできるでしょう」

平均して、5,500円

B170df442cbd886b6ea2d88317cf5521bad5dbb1

Fast Company」の記事によると、オランダの「Acato」という会社がこのアプリとシステムを導入していて、全社員45人のうちの約1/3が自転車で通勤をし始め、月平均$50(約5,500円)を通勤手当として受け取っている、とのこと。

Fdd995696b1ce73de97c0ecaec8f1ed9ff26cbfe

これまでも、自転車通勤を後押しする取り組みはたくさんありましたが、交通費を割り出すアプリまで採用されたのは、おそらくオランダが初でしょう。

ちなみに、ぼくも自転車通勤派。というよりも、電車がダメなんです。だからこそ、このシステムが早く日本にも導入されてほしい!と思いながら、今日もペダルを漕ぎます。

Licensed material used with permission by ByCycling
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
自転車を構成するたくさんのパーツの中の1つにもかかわらず、クラウドファンディングサイトで2,000人以上が開発支援をしたシートポスト「ShockStop ...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
自転車に乗ってる人なら、昼夜問わず右左折や進路変更の際に怖い思いをしたことがあるはず。この「WingLights(ウィングライツ)」は、取り付けも使い方も...
これがイイ!かどうかは人それぞれですが、この「UNDER-COVER」という傘、自転車に乗る人ではなく、自転車そのものを雨水で濡れるのを防いでくれるという...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。