このアプリを使うと「自転車通勤手当」がもらえる!?

日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。

そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇される傾向にあるそう。さらに、そういった動きを後押しするアプリが「ByCycling」。

働く人たちへの「愛」が
詰まったアプリ 

この「ByCycling」は、自転車通勤する人の走った距離と、それに応じた通勤手当を割り出してくれる、というアプリ。

使い方は簡単。アカウントを作ってGPSをオンにするだけ。あとは自転車に乗っている時のスピードを検知してくれるので、ボタンを押すなどの作業は必要ありません。そして、自動で通勤手当を割り出してくれるのです。

アプリ開発者のJose Diazさんはこう語ります。

「僕たちは、自転車通勤が運動にピッタリだと考えています。サイクリングは排気ガスも出ないし、最もコストがかからない交通手段のひとつです。このアプリがあれば、自転車通勤をする人が増えるでしょうし、生活リズムの改善を手助けできるでしょう」

平均して、5,500円

Fast Company」の記事によると、オランダの「Acato」という会社がこのアプリとシステムを導入していて、全社員45人のうちの約1/3が自転車で通勤をし始め、月平均$50(約5,500円)を通勤手当として受け取っている、とのこと。

これまでも、自転車通勤を後押しする取り組みはたくさんありましたが、交通費を割り出すアプリまで採用されたのは、おそらくオランダが初でしょう。

ちなみに、ぼくも自転車通勤派。というよりも、電車がダメなんです。だからこそ、このシステムが早く日本にも導入されてほしい!と思いながら、今日もペダルを漕ぎます。

Licensed material used with permission by ByCycling
他の記事を見る
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
毎日使う目覚まし時計に、こんな機能があったら便利。「Snorelax」は、数ある交通情報アプリの中でも通勤ルートに特化したもの。こんなサポートをしてくれま...
やっぱり愛って永遠じゃないんですね。出会った頃と同じトキメキがずっと続くなんて、夢みていたワタシがバカでした。
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
アムステルダムで考案された、「自転車」と「環境」をかけ合わせたプロジェクト。自転車のペダルを漕ぐと、再生可能エネルギーを生産できるというもの。
僕が通勤するルートには坂道が多いんです。だから、電動アシスト自転車に買い換えたいなと思うけど、値段を考えるとハードルが高い。でも、「Rubbee X」を知...
言うまでもなく、メインの素材はトラックの幌を再利用。すべて1点物。
自転車用ライト「See.Sense ACE」には、AIが搭載されていて、後ろから来た車のライトに反応して、光るパターンを変えてくれるそうです。これがあれば...
建設されればされるほど、環境に優しい街が形成されていく。建築家Richard Moretaさんがデザインしたのは、ゼロエミッション化を実現する街づくりの第...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
自転車を構成するたくさんのパーツの中の1つにもかかわらず、クラウドファンディングサイトで2,000人以上が開発支援をしたシートポスト「ShockStop ...
パートナーとのケンカの理由にありがちな家事分担の不平等を解消するために開発されたアプリ「Labor of Love: Tasks Marriage」。
「Urbanized」がデザインした自転車には、「Tannus」のタイヤが使われ、「Gates」のベルトドライブが採用されています。
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
アフリカにある自転車式洗濯機。元は、当時大学生だった男性が卒業制作でつくったものだった!
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。