「朝から空飛ぶ生活?」Uberの通勤シェアは2023年に実現か

少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。

アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶクルマをシェアして、通勤をお手頃にできる構想を10年以内に実現させたい、と言うのです。

もう少し詳しく見ていきましょう。

空から出勤して
「通勤」を時短!

Uberが構想する空飛ぶ車は「垂直離着陸機(VTOL)」と呼ばれる、ヘリコプターのように垂直に飛び上がれる機体。

滑走路が要らないため、ビルの屋上のようなスペースに専用飛行場を開設することができます。この専用飛行場間を、時速160kmでひとっとび、という計画だそう。地上よりも障害物が少ないことで最短距離のルートを取れることに加え、高速道路以上のスピードが出せるため、とても効率的に移動できるというもの。

基本的には相乗りで使用することを想定していて、15分程度の空の旅ならば一人あたり2,200円ほどになる予定だとか。感覚的にはタクシーを利用するのとあまり変わないかもしれません。

「家やオフィスのすぐ近くで発着陸なんて、うるさくないの?」と思うかもしれませんが、VTOLは通常のヘリコプターなどに比べると非常に静かな飛行機を想定。もちろん騒音対策は必要になりそうですが、非現実的というほどではありません。

テスト運転を
ドバイでスタート

ただしVTOLを街中で飛ばすためには、航空業界や各国の規制を遵守する必要があります。地方政府、州政府、連邦政府機関、すべての許可を取らなければなりません。

この課題をアメリカで解決するのはとても困難で、また専用飛行場を作るためのインフラの整備も必要になることを考え、Uberの最高製品責任者Jeff Holden氏は、最初のデモ飛行場として、ドバイと提携。

Holden氏は2020年までにドバイでデモ飛行を成功させ、2023年には運用を開始する予定だとか。ブラジルの旅客機メーカー「エンブラエル」をはじめ複数の航空機メーカーやNASAとも提携し、Uberはこの壮大なプロジェクトを進めています。

朝起きて、まず空を飛ぶ生活。

考えるだけでもワクワクしますが、日本での実現も気になるところ。

Licensed material used with permission by © 2017 Uber Technologies Inc.
他の記事を見る
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
メキシコ本場の味が三軒茶屋で。 手作りの青いタコスの専門店LOS TACOS AZULES〒154-0011 東京都世田谷区上馬1丁目17-9https:...
重厚感や軽快感がうまくミックスされたこの建物。実はこれ、ベトナムのハナム省にあるコミュニティセンターです。この地域の工事現場から出された、行き場のない廃棄...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
ビーチなんて世界中にありふれてる。テントに泊まるっていうのも、グランピング全盛の今、珍しいことじゃない。
ここでは、「Innovative brothers」と呼ばれているドイツのYouTuber兄弟の動画をご紹介。
これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
最新の筋力トレーニング機器「ICAROS」は、とびっきり今っぽいマシン。普通ならつらくてハードな体幹トレーニングを、VRゲームを楽しみながらできちゃうので...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
この春、銀座の街を歩く人たちの手にするバルーン(これは透明のもの)を注意深く見てほしい。もしも、膨らんだ中に何やら小さなお菓子を見つけたら、それは「空飛ぶ...