空飛ぶタクシー「運用まであと8年」は、かなり現実的かも。

「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた相手の顔を見ながら会話ができる現在、ならばコチラも……と、やはり期待せずにはいられない。

空飛ぶタクシー(VTOL機)
実機サイズのテスト飛行に成功

2013年より開発がスタートした「Lilium Jet」は、最大5人乗りの垂直離着陸機(VTOL機)。ドイツ・ミュンヘン工科大学の航空宇宙エンジニアやプロダクトデザイナーらが結集し、欧州宇宙機構(ESA)が事業創出支援を継続的に行う、欧州テクノロジーにおける肝いり事業だ。

すでに1/2スケールでのテスト飛行はクリアしていたLilium Jetだが、今回が初の実機サイズでの試行。バイエルン郊外の飛行場でひっそり実施されたテストは、2025年の実用化に向けた大いなる足跡を残すこととなった。

いざ、大空へTAKE OFF。

垂直に飛び立った機体はフラップを水平に傾き、加速力を与える。両翼に取り付けられたダクテットファンが動力となり、映像からもスムーズな飛行であることが見て取れる。

だが、VTOL機と聞いて頭に浮かぶのは、あのオスプレイ。墜落か不時着かはさておき、これまで幾度となくトラブルが報道されていることからも、垂直離着陸機の安全性が完全に信頼に足るものとは思えないが…。

Lilium社によると、独立したコンポーネントの小型エンジンは、たとえ複数が故障しても飛行できる、冗長性に特化していると自信をのぞかせ、実用化に向け新たな安全パラダイムをVTOL機にもたらすとしている。

1クリックで呼び出し
どこからでも離陸可能

いずれにしても、いつかは訪れるであろう未来の交通手段としての利点で考えたとき、羽もたためて、滑走路も入らず、垂直に離着陸する機体のメリットはやはり大きい。

たとえば15分のフライトで、車では12キロしか進めない距離をおよそ70キロも移動できるLilium Jetを利用することで、週末都市部を脱出するにしても、そもそも郊外に暮らして通勤の足とするにも、人々の生活範囲を今の5倍近くにも広げてくれる可能性を秘めているのは言うまでもない。

スマホで予約し、オンデマンドでの運行を予定しているのが2025年。ここまでのところ、スケジュール通り順風満帆に来ているLilium Jetに今後も注目。

Licensed material used with permission by Lilium
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
「空飛ぶタクシー」の実用化に向け、先日、「Volocopter」が専用ターミナルをシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて...
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
2023年の実用化に向けて「空飛ぶクルマ」の機体開発を目指す「SkyDrive」らと共同で、日本の大手総合スポーツ用品メーカー「ミズノ」が乗員用座席の開発...
この記事では、お家トレーニングにもオススメな「ケトルベル」をご紹介していきます。そのメリットを知ったら、欲しくなってしまうこと間違いなしです。
空飛ぶクルマの開発を進めるベンチャー企業「スカイリンクテクノロジーズ」が無人航空機(PPD-150)および航空機(PPD-500)の製造について、経済産業...
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
万能植物の月桃成分を配合した“マスクをつけたくなるスキンクリーム”をご紹介。
先日、アメリカ空軍がテキサス州にあるキャンプ・マブリーにおいて垂直離着陸機「Hexa」の試験飛行を披露した。垂直離着陸機はeVTOL(electric v...
これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう...
米スタートアップ企業「Skyryse」がヘリコプターの完全自律飛行を実現した。すでに実証実験も成功しており、安全面、実用性の面でも高い成果が期待できる。
フランスのホテルチェーンのアコーホテルズとデザイナーOra-ïto氏が組んで誕生したのが「Flying Nest(空飛ぶ巣)」と称されたコンテナ。実際に移...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
「ドン・キホーテ」のブランド「情熱価格」より、ありそうでなかった片耳だけの完全ワイヤレスイヤホンが登場。「イヤホンから流れる音に集中しすぎず、周囲にも気を...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
「タクシーの相乗り」について国土交通省が3/31に制度の概要を発表。早ければ2020年の夏にも解禁される考えだという。
ロンドンタクシー新型モデル「TX」が日本に登場。同社初の電動化モデルであり、バリアフリーにも考慮された車両となっている。
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
いよいよ、「自家用飛行機」時代の幕開けとなるかもしれない、革新的な航空機開発が大詰めを迎えているようです。それも電動式で駐機場も不要だとか。ここで話してい...
「The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパ...