2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始

これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう…そんな希望的観測しか持てなかった。ところが、その考えは一蹴された。2017年の夏、ドバイでドローンタクシーが運行開始する予定だという。

僕たちの交通手段が大きく変わるかもしれない──。

時速100キロ、飛行時間23分
をどう考えるか?

飛行実証実験がはじまっているのは、1人乗りの無人ドローンタクシー『EHang(イーハン)184』。乗車席にあるタッチパネルのディスプレーをタッチするだけで、自動操縦で目的地まで飛んでくれるのだとか。

コンセプトムービーでは、重量制限は100kgであり、時速は100km、最大飛行時間は23分、そして高度に関しては500mまで上昇できると紹介されている。

でも、飛行時間が23分ていうことは、例え、時速100kmでも約38kmまでしか行けないのだ。それじゃ、東京から箱根にも行けない。行けて木更津あたりまでだ。ちなみに東京箱根間は直線距離で75km、東京木更津間は36km。で、もし木更津まで行けても、バッテリーをチャージする装置はあるのだろうか。もし、ないならば片道12.5分の飛行時間として、時速100kmで12.5分なら19km。例えば、東京から飛行可能なエリアなのは、16km先の川崎や14kmの浦安あたりまで…とか様々な計算をしてしまった。うーん。でも、よく考えたら、そこらへんまで行けるのなら充分なんじゃないかな。

このドローンタクシーを高く評価しているのは、ドバイ運輸局の責任者であるMattar Al Tayer氏。

我々は、ドバイ民間航空局の協力を得て、ドバイ上空でテスト飛行をした。課題である砂漠や沿岸地域での飛行も含めて完了した」とのコメントを発表している。

A:「来週なんだけどギリギリになりそうなの。渋滞してたら間に合わないわ」

B:「じゃあ、空飛ぶタクシーで来れば?」

そんなコミュニケーションが現実となるのは、もう、間もなくかもしれない。

Licensed material used with permission by EHang, Inc.
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
中東屈指の世界都市、ドバイの消防局(民間防衛局)が、緊急災害用の設備補強に“ジェットパック”の採用を発表。ニュージーランドのメーカーとの契約締結のニュース...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
空を飛ぶ夢は、昔から空想の対象として語られてきました。空に対する人間の憧れのようなものもあるのかもしれません。しかし、夢の中で空を飛ぶことは、もっと深刻な...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
ソウルの仁川(インチョン)国際空港近くにある新開発エリア。そこにユニークな家が誕生した。その名も、「FLYING HOUSE(空飛ぶ家)」。ちなみに、この...
こんな退屈な場所で、よく長年過ごせるなぁ……と思ったりするけれど、もはや生まれ故郷がゆえに、彼らは退屈だなんて言ったりしない。それを超えた安定という境地に...
値段相応かは飲まずして語れない!「黄金のカプチーノ」ドバイへ行くなら思い出に一杯飲んでみてもいいかも。
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
「En L'An 2000」は1899年の作品。もともとは様々なアーティストの手によってタバコの箱に描かれた絵だった。日本で言えば明治時代の始め。1900...