年内に完成予定!
シンガポールの「空飛ぶタクシーターミナル」

「空飛ぶタクシー」の実用化に向けて今、世界中でUberやAudiなどがしのぎを削っています。が、ここでドイツの「Volocopter」が一歩抜きん出る予感。

というのも先日、同社は、「空飛ぶタクシー専用のターミナル」をシンガポールに建設すると発表。ターミナルの完成は今年の後半を予定していて、その後、2022年までの実用化テストを開始。

将来的には、駅や駐車場、建物の屋上などにもこのターミナルを建てることを計画。インフラが整備された大都市にも、この“新たな交通手段”の拠点を導入しようというわけ。

人口密度が世界第2位のシンガポールで成功すれば、その後世界的に普及していくかもしれませんね。

©GRAFT Brandlab/Skyports/Volocopter/GRAFT
© Skyports/Twitter
Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
「Wizarding World Holiday at Changi's」は、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内で開催されています。
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
シンガポールのクラーク・キーには、今や大手旅行会社もインスタ映えするスポットとして注目する建物、The Old Hill Street Police St...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
紹介するのは、シンガポールのレストラン「Spice World Hot Pot 香天下火锅」が提供しているタピオカ入りの火鍋です。
なんかちょっと、変なんだけど。
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
大人気の米TV企画「カープール・カラオケ」に登場するセレブよろしく、タクシーに乗れちゃう!
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
以前、オーストラリアのイケメン消防士のカレンダーを取り上げましたが、ここでは特徴が異なるアメリカ・ニューヨークのタクシー運転手のカレンダーを紹介。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
日本からしたら意外かもしれない、シンガポールのあるあるを9個紹介。体験談入り。様々な罰金制度の他にも、チャイニーズ・ニューイヤーでお店が休みになること、結...
「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた...
「teapasar」は、シンガポールで新しくオープンした紅茶専門店。と言っても店舗はなく、販売はWEBサイトのみ。全種類の詳細データを管理しているので、簡...
シンガポール生まれ、シンガポール育ち、悪そうなシンガポールのスポットはだいたい撮影に行ってるんじゃないかなっていうフォトグラファー、Yik Keat。彼の...
これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう...
ファッションは、この社会を生き抜くための鎧だ。