世界一美しい空港!シンガポール・チャンギ国際空港が更に進化する?

50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と認定(3年連続)、最高のレジャー施設と評価した。
さらに、2017年新たに建設が予定されているターミナル4や、2018年に完成予定の巨大な複合施設「Jewel Changi Airport」など、魅力的な話題が多い同空港だが、どの施設にも共通して言える要素に、園芸がある。

85singo_orchid-garden-singapore-changi-airport2

85singo_Terminal-3-Transit-Koi-Pond

同空港が最初にこの植物園のような空間デザインを発表したのは1980年代初頭。それからというもの、年間を通して企画・維持を徹底している。現在、250種類以上50万を超える植物を所有し、さらに約3千の植物を育てるための個別の育苗所を運営している。

85singo_Terminal-3-Transit-Green-Wall

空港は蝶の住みやすい環境、バタフライガーデンを模しており、鯉が泳ぐ池や、蘭園、花とシダなど、建物のデザインとともにきらびやかにライトアップが施されている。さらに、屋外にはサボテン園とひまわり園、空港の敷地には手入れの行き届いた造園が2kmに渡って続く。

85singo_Terminal-3-Transit-Butterfly-Garden

テクノロジーや経済に関するニュースを取り扱うメディア「Quarts」が行ったインタビューによれば、植物園はチャンギ空港が雇っている11の園芸家チームにより造られているそうだ。園芸チームを率いるのは、Khaja Nazimuddeen Abdul Hameed氏(48歳)。英国王立園芸協会で環境科学を学んだ人物で、チャンギ空港に勤めて9年になる。空港ランキングをとても意識しているという。

85singo_Terminal-2-Transit-Enchanted-Garden

85singo_image1

85singo_image5

85singo_image6

85singo_image7

2017年にオープン予定のターミナル4には何か新しい見せ場が登場するという噂も。詳細はまだ明かされていないものの、YouTubeでは、「緑の癒しの聖域(Relaxing Green Sanctuaries)」や、搭乗口に現れる「並木通り(Boulevard of Trees)」などのイメージが紹介されている。

また、2018年に完成予定とされている「Jewel Changi Airport」のインパクトは更にすごい。

85singo_crmo0lqhgwzrmhe7d9v5

85singo_banner-facts-figures

85singo_banner-forest-valley

85singo_banner-rain-vortex-night

85singo_spzqq4m5ujqfykjuapuz

85singo_zdqo2ubqfuk4jsoocaur

施設の中心には高さ40mの人工の滝が設置される。これは屋内の滝としては世界最大になるそうだ。各ターミナル間を自由に行き来することができ、ホテルや飲食店、公園など様々な施設ができる予定だ。

世界一美しい空港の名を3年間ほしいままにしている空港が、2017年以降どう進化していくのか。期待は高まるばかり。世界的な観光地のひとつとして、一度は訪れてみたい場所だ。

Reference:World Airport Awards , Quarts
Licensed material used with permission by Changi Airport Group

「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
7月30日、TSA(米運輸保安庁)が新型のX線スキャン装置をアメリカの40ヶ所の空港に試験導入すると発表しました。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...