Uberが、車ではなく「ヘリ」をスマホで予約できるサービスを開始!

The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパの大手航空機メーカー「Airbus」社が、タクシー配車サービスを運営する米「Uber Technologies」社に、ヘリコプターを提供すると発表したようです。

「Airbus」社のトム・エンダースCEOのコメントは以下のとおり。

「パイロットプロジェクトのため今後次第ですが、とても楽しみです」

提供される機体は「H125」と「H130」。1月21日からユタ州・パークシティで開催中の「サンダンス映画祭」を以って、プロジェクトの試験運転が開始する予定です。「Uber」といえば、スマホで簡単にタクシーを利用できる便利なアプリ。ですが、同社はこれまで、いくつかの場所でヘリコプターを利用できるサービス「Uberchopper」も実施しているのです。

気になる料金は?

ちなみに、2013年のF1レース・イベントで利用された際には、マンハッタンからハンプトンズ間(150kmほど)で、3,000ドル(約35万円)でした。

The Los Angels Times」によれば、ソルトレイクシティ空港からパークシティ内のヘリポートまでの15分ほどの飛行(直線距離にしておよそ40~50kmほど)を、昼と夜それぞれ、片道200ドル(約2万3,500円)・300ドル(約3万5,000円)で運行する予定。「Uber」アプリを使えば、誰でも利用できます。

「ついに空飛ぶタクシーが現れたか!」と興奮する人も少なくありません。ちょっとリッチな体験ですが、40~50kmをたった15分で移動できるのは魅力的ですよね。

Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
タクシーやライドシェア、便利な宅配サービスなどで知られるUberが、サブスクリプション型の月間パスの試験導入を開始したようだ。Uberが仕掛ける「サブスク...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
ミネソタ州ミネアポリスに暮らすNaCole Schutzさんは、息子さんが学校に行くのにUberを使っていると言います。予定通りにスクールバスが来ないから...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
4月20日、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、Uberがふたつのサービスをローンチした。小売店から一般家庭への配送を提供する「Ub...
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
スマホを持ち歩かずにSpotifyの音楽を楽しめるプレーヤー「Mighty」の販売が開始された。
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
8月20日、「Uber」と処方薬の配送を手がけるスタートアップ「NimbleRx」がパートナーシップ契約を結んだことを明らかにした。
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
Soberは、英語で「しらふ」と言う意味。つまり「SoberOctober」とは、10月の一ヶ月間禁酒をするチャレンジのことを示します。普段お酒を飲む頻度...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
取っ手部分にスマホがカチッとくっつく「スマホ傘」。傘を使いながらスマホが操作できるほか、傘部分をバッグにしまえばハンズフリーのスマホスタンド、逆さに持てば...
先月18日、デトロイトでおこなわれた「Forbes 30 under 30 Summit」にて発表されたのは、「Uber Eats」向け配達用ドローンのデ...
1月6日、ラスベガスで開催されていた「CES 2020」にて「Uber」と「ヒュンダイ」が「エアタクシー」を共同開発することを発表。
11月初旬、「アドビシステムズ」はスマートフォン向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」のリリースを発表した。