Uberが、車ではなく「ヘリ」をスマホで予約できるサービスを開始!

The Wall Street Journal」によると、2016年1月17日に開催された「Digital Life Design」において、ヨーロッパの大手航空機メーカー「Airbus」社が、タクシー配車サービスを運営する米「Uber Technologies」社に、ヘリコプターを提供すると発表したようです。

「Airbus」社のトム・エンダースCEOのコメントは以下のとおり。

「パイロットプロジェクトのため今後次第ですが、とても楽しみです」

提供される機体は「H125」と「H130」。1月21日からユタ州・パークシティで開催中の「サンダンス映画祭」を以って、プロジェクトの試験運転が開始する予定です。「Uber」といえば、スマホで簡単にタクシーを利用できる便利なアプリ。ですが、同社はこれまで、いくつかの場所でヘリコプターを利用できるサービス「Uberchopper」も実施しているのです。

気になる料金は?

ちなみに、2013年のF1レース・イベントで利用された際には、マンハッタンからハンプトンズ間(150kmほど)で、3,000ドル(約35万円)でした。

The Los Angels Times」によれば、ソルトレイクシティ空港からパークシティ内のヘリポートまでの15分ほどの飛行(直線距離にしておよそ40~50kmほど)を、昼と夜それぞれ、片道200ドル(約2万3,500円)・300ドル(約3万5,000円)で運行する予定。「Uber」アプリを使えば、誰でも利用できます。

「ついに空飛ぶタクシーが現れたか!」と興奮する人も少なくありません。ちょっとリッチな体験ですが、40~50kmをたった15分で移動できるのは魅力的ですよね。

他の記事を見る
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「Uber」が開発を進めている空飛ぶタクシーサービス「Uber Elevate」。プロジェクトのパートナーである「Bell Helicopter 」が、先...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
2016年8月、ついにアメリカのカリフォルニア州ピッツバーグで、自動運転の車が実際に公道を走り始めました。走っているのはUberが運営するもので、車種はボ...
配車アプリのUberが今月大規模なリブランディングを実行。新しいロゴや独自のタイポグラフィやアイコンの開発など本気度が伺えます。
少し前にリリースされた「空飛ぶタクシーで時間をかけずに出勤できる!」なんていう、SFのようなニュース。アメリカの配車アプリを運営する「Uber」は、空飛ぶ...
カレがなかなかスマホを触らせてくれないとなると、注意を払いたいところ。「Elite Daily」のElana Rubinさん曰く、触らせてくれない以外にも...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
都市生活に、多くの変化をもたらしている配車サービス、Uber。先日、大幅なアップデートが発表され、使い心地がガラッと変わるそうです。シンプルになったインタ...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
この記事を読もうとするときに、頭を下に向けて読んでいたら、あなたはスマホ首になっているかもしれません。MuscleWatching高稲トレーナーが紹介する...
「earnest」が2年間分のユーザー(匿名)のデータをみて、9種類のサービスの月収を、ランキング形式でまとめているのを発見。あくまでアメリカでの話で、日...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
旅先から絵葉書を送るのって正直面倒。とはいえSNSで写真を送るだけって、どこか味気ない気がします。そんな人にぴったりなのが、SNSと絵葉書のいいとこ取りが...
今や北京では、スーパーやショッピングモール、レストラン、カフェはもちろん、生花市場の中ですら、スマホ決済ができます。なかでも中華SNSアプリ『WeChat...
2014年に中国ではじめてリリースされた『Forest』は、スマホ依存症になることを防ぐためにつくられたアプリ。App Storeのランキングで1位になっ...
通信機能がついており、スマホとの距離が一定を超えるとアラートを送信してくれる。そんな「財布」が話題です。いつもうっかりモノを置き忘れちゃうあなたにとっては...